Academic English IIA<2組>(生命・理学)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
Academic English IIA<2組>(生命・理学)
Academic English IIA
A310030046 2 1 後期授業 外国語科目(英語) FLENG1503-J2 月2 B3-313,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 髙橋 奈穂子

オフィスアワー

特になし(随時メールにて対応します)

授業目標

科学、テクノロジー、環境、経済、文化、心理、医療、健康など様々な学問分野からの興味深いトピックを扱いながら、英語の4技能 (リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)を総合的に学びつつ、主としてライティングの基礎力を養成することを目的とします。パラグラフレベルのまとまった内容を書く能力を養います。

教科書

Writing Techniques for College Students 著者: 山村三郎 他 出版社: 金星堂 2016年
ISBN 978-4-7647-3835-5 C1082

参考書

ジーニアス英和辞典(大修館)、リーダーズ英和辞典(研究社)、ロングマン英英辞典などの辞書

授業時間外の学習(準備学習等について)

普段からなるべく英字新聞や自分の興味のある分野を英語で読む習慣を身に付けること。また、予習はもちろん、毎回の復習を必ず行うことで、英語らしい文を作る感覚を養うこと。

授業の概要

様々なトピックとパラグラフの構成パターンを扱った題材を通して主にWritingの力を高めることを目指す。

達成目標:
1 読解を通して英文の構成パターン及び内容を正確に理解できるようになる。
2 様々なパターンのパラグラフ構成のパターンにおける特徴を理解し、実際に自分で構成して書けるようになる。
3 文法内容を正確に理解することによって、英作文能力を高めることができるようになる。
4 英語のパラグラフの構成パターンを習得することによって、スピーチやプレゼンテーションの基礎を養うことができるようになる。

授業計画

授業計画

第1回~第15回 テキストによる学習
毎週 Chapter毎に進む予定です。

1 Chapter 1 パラグラフとは
2 Chapter 2 列挙
3 Chapter 3 例示
4 Chapter 4 原因・結果
5 Chapter 5 結果・原因
6 Chapter 6 比較
7 Chapter 7 対照
8 Chapter 8 分類
9 Chapter 9 分析
10 Chapter 10 定義
11 Chapter 11 過程
12 Chapter 12 問題解決策
13 Chapter 13 理由


※ シラバスについては、最初の授業の時にポータル上のアナウンスメントでお知らせする予定です。
(オンライン授業に切り替わる場合、必ずポータルを確認するようにして下さい。)

成績評価

この科目の成績評価は、以下の評価項目に基づいて行う。

課題、出席、発表   40 %
提出課題(2回) 60 % (1回目 25%, 2回目35%)

※ 単位を取得するための最低基準は、上記評価項目の総合評価点において、60点をとること。
※ 5回以上(6回目の時点で)毎週の提出課題が出ていない場合、単に取得はできないので気をつけて下さい。