教育人間学特論A

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
教育人間学特論A
Special Topics in Philosophy of Education A
O120100001 2 1 前期授業 大学院共通科目 FGCOA5121-J1 金3 A4-321(研究室) 森岡 次郎
吉田 敦彦

授業目標

教育思想史および教育哲学に関する研究動向を概観し、その内容についてしっかりと理解した上で、それぞれの論点について、議論を行う。

教科書

授業中に指示する。

参考書

授業中に指示する。

関連科目

教育人間学特論B

授業時間外の学習(準備学習等について)

指定された購読文献について、授業時までに各自で精読し、問題点や論点などを整理しておくこと。

授業の概要

『近代教育フォーラム』や『教育哲学研究』といった学会誌、および関連するテキスト(哲学、歴史学、倫理学など)を講読・輪読し、その内容に関する議論を行う。受講者の関心や研究テーマにより、テキストの選定を行う場合もある。
1回目は、オリエンテーション。テキストおよびレポーターなどを決める。
2回目以降は、各自の発表と討論を行う。

授業計画

初回に購読する文献を選定し、以降の週で議論しながら読み進めていく。
進捗状況により、受講者の研究テーマに即した議論を行うこともある。

成績評価

「授業内容に関する知識の修得、拡大・深化のレベルを、日頃の学習姿勢、発表内容ならびにレポートなどから判断して、次の5段階で評価する。特段に優れたレベルである(A+)、優れたレベルである(A)、 ふつうのレベルである(B)、ふつうには及ばないレベルである(C)、この科目で求めるレベルに達していない(D)。 」