現代教育特論A

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
現代教育特論A
Special Topics in Contemporary Education A
O120080001 2 1 前期授業 大学院共通科目 FGCOA5119-J1 月3 A15-130 伊井 直比呂

オフィスアワー

木曜日昼休み

授業目標

現代教育の諸問題について、社会科学的な問題把握と分析ならびに論理構成ができることを目標とする。

教科書

適宜提示する

参考書

適宜提示する

関連科目

現代教育論B

授業時間外の学習(準備学習等について)

事前に論文と文献を読み込んでおくこと。

授業の概要

以下のどちらかで行う予定
1.特に受講者が考察したいテーマを扱う
2.教育の国際化の観点から国際理解教育(国際教育)の本質を以下のようにたどる。
   国際理解教育(国際教育)は、人権、多文化共生、平和、環境、マイノリティー、ニューカマー、いじめ、
  ESD、異質性と同質性他、数々のキーワードで表される諸課題を扱う。この国際理解教育(国際教育)という  教育活動の基底に流れる共通した教育価値について、過去20年間の国際理解教育論文の中から著名なものを読  み解き、その価値原理に到達する。受講生が関心を持つ事例や論文内容について、特に時間を割いて考察を重  ねたり、探究的な問いを立てて受講生自身の見解をまとめたりする。

授業計画

第1回 ガイダンス 準備学習等
第2回 国際理解教育(国際教育)の原初論文から日本の教育の課題の抽出 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第3回 上記論文から読み取れる問題に対する考察 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第4回 上記論文に即した実践論文「ニューカマー」の問題 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第5回 異文化排除と多文化共生 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第6回 ディスカッションによるまとめ(1) 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第7回 国際理解教育(国際教育)の考え方を援用した「いじめ問題」へのアプローチ 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第8回 国際理解教育(国際教育)の考え方を援用した「環境問題」へのアプローチ 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第9回 国際理解教育(国際教育)の考え方を援用した「文化多様性」へのアプローチ 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第10回 国際理解教育(国際教育)の考え方を援用した「平等」概念の捉え方
(形式的平等)
準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第11回 国際理解教育(国際教育)の考え方を援用した「平等」概念の捉え方
(実質的平等)
準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第12回 ディスカッションによるまとめ(2) 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第13回 「能力」とは何か Education For Allという国際的な考え方 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第14回 「能力」とは何か Education For Sustainable Development との関係から 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。
第15回 全体の振り返りディスカッション 準備学習等 事前配布資料を読んできてください。

成績評価

授業で扱う国際理解分野をはじめとする教育上の問題について、社会科学的に探究や考察ができて問題が深められているかどうか、を日頃の学習、発表内容ならびにレポートなどから判断する。評価は次の5段階で評価する。特段に優れたレベルである(A+)、優れたレベルである(A)、 普通のレベルである(B)、普通には及ばないレベルである(C)、この科目で求めるレベルに達していない(D)とする。Cの基準は、明瞭に何が問題かを説明でき、論理が整理されていることを基準とする。