養護実習(看護)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
養護実習(看護)
Student Teaching: School Health Care and Nursing
C100440001 4 4 前期集中 資格科目(教職科目) FLCTL3D25-J4 割外 後日掲示 髙根 雅啓・他

授業目標

1.教育に「養護」という立場からかかわる専門職として「学校」「教育を行う場」という事について学び、養護 教諭の果たすべき役割について理解する。
2.児童生徒の心身の発達・発育の特性や健康課題を理解する。
3.児童生徒の健康上の問題に対して、個別的及び組織的に適切な取り組みができる能力を養う。
4.養護教諭の日々の活動(平常時の生活)を理解し自らも体験してみる。
5.養護教諭に対する志向性を高め、養護教諭になるための自らの課題について理解し、研鑽していこうとする態 度を持つ。

教科書

養護実習日誌を配布します。

関連科目

養護実習と養護実習指導は、必ず同年度に履修してください。

授業時間外の学習(準備学習等について)

実習校において、実習日誌、学習指導案の作成を始めとして、指導教員の指示に従った課題を行うこと。また、それにとどまらず、積極的に児童生徒や学校に関わっていくこと。

授業の概要

養護実習は、教職を希望する学生がこれまで学んだ基礎的な教養と、教職科目・専門科目の知識を統合して、教師としての資質を高めるために教育現場での実践を経験する機会である。4週間の実習では、実際の学校にて養護教諭として、学校全体を通して養護教諭の課題・指名と職務に関する理解を深めるとともに、養護教諭としての見方・考え方や実践的管理的能力・指導力の基礎を習得することを目指す。

授業計画

①学校教育全般の理解
    ・学校教育の概要(教育目標、学校管理及び経営、教育課程)について理解する
    ・教育計画の中で、学校保健計画、学校安全計画及び保健室経営計画はどのように位置づけられ、実施さ     れているかを理解する
    ・学校保健組織活動(学校保健委員会、児童生徒保健委員会、職員保健部、教育相談部、生徒指導部、P     TA保健指導部等)はどのように関連し、活動しているかを理解する

②保健室経営の理解
    ・保健室経営方針を理解する
    ・保健室の施設設備について知り、その保健センターとしての管理運営状況を理解する
    ・児童生徒の状況を理解する
    ・薬品及び衛生材料の種類と管理状況を理解する

③健康診断
    ・計画立案、実施、事後措置などの一連の活動を学ぶ
    ・児童生徒を主体とした健康診断の工夫について学ぶ
    ・健康診断で得られた実態を保健管理や保健教育に生かすことを学ぶ

④集団保健指導
    ・健康問題の発見、計画の立案、指導、評価などの一連の過程を学ぶ
    ・健康問題の把握の方法や視点を学ぶ
    ・保健学習、総合的な学習との関連を学ぶ

⑤学校環境衛生活動
    ・実態把握、計画立案、事後措置、評価などの一連の過程を学ぶ
    ・校内の職員組織や学校薬剤師、関係機関との連携について学ぶ
    ・日常行われている学校環境衛生検査について学ぶ
    ・学校環境衛生活動により得られた課題を、保健教育や保健管理に生かすことを学ぶ

⑥健康観察
    ・健康観察表による健康状態の把握、判断、対応及び事後措置などの一連の活動を学ぶ
    ・様々な場面で健康観察を試みる
    ・健康観察を通して一人ひとりの児童生徒とのコミュニケーションを深める

⑦救急処置
    ・情報収集、判断、処置(指導を含む)、事後措置など一連の処置活動を学ぶ
    ・救急処置連絡体制について学ぶ
    ・救急処置活動から得た課題を、一次予防に生かすことを学ぶ


⑧個別保健指導
    ・個別保健指導の必要性に気づき計画、指導、評価などの一連の過程を学ぶ
    ・担任、保護者、専門機関との連携について学ぶ
    ・個の課題を集団の保健指導に発展させることを知る

⑨健康相談
    ・受容的態度で児童生徒に接し、実態などを学ぶ
    ・実態把握、判断、対応、事後措置などの一連の活動を学ぶ
    ・担任、保護者、専門機関などとの連携について学ぶ
    ・健康相談から得た課題を教育活動に生かすことを学ぶ