教職論(生命)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
教職論(生命)
Introduction to teaching profession
C100010004 2 1 前期集中 資格科目(教職科目) FLCTL1D01-J1 割外 オンライン(中百舌鳥キャンパス) 木村 里美

授業目標

1.教職の意義と教師の資質について理解する。
2.教員の仕事と役割について理解する。
3.教員の職務内容や教員に課せられる服務上・身分上の義務を理解する。                    4.教育職への自分自身の展望を明確にする。

教科書

特定の教科書は使用せず、適宜資料を配布。

参考書

佐久間亜紀・佐伯 胖(編著)『現代の教師論 アクティベート教育学2』ミネルヴァ書房

授業時間外の学習(準備学習等について)

それぞれが理想とする教師像(現実に出会った教師像またはドラマや書籍で見たり読んだりした教師像)について、ミニレポートを作成する。A4一枚程度にまとめて初日に持参すること。

授業の概要

本講義では、理想の教師のイメージを出し合うことから始め、社会状況の変化や、学習指導法の変遷などについて学び、学習指導要領をもとに今日の教員に求められる能力・役割について討議を通じて理解を深める。次に、現実の学校現場の記録を考察し、そこで求められる教師の資質について考察する。ついで、教科指導、生徒指導、教育相談、学校経営、学級経営など学校教育全般にわたって教員の仕事と役割について理解を深め、教職という仕事を多角的に理解するとともに、学校が内外の専門家等と連携・分担して対応する必要性について理解する。最後に、生涯にわたる人間の発達の中で、青少年期の「学び」が持つ意味を理解し、教職課程における学習への入門とする。

授業計画

第1回 理想の教師像について、ミニレポートをもとにグループで意見交換する。 準備学習等 それぞれが理想とする教師像(現実に出会った教師像またはドラマや書籍で見たり読んだりした教師像)について、ミニレポートを作成する。A4一枚程度にまとめること。
第2回 理想の教師像の歴史的変遷について、社会状況とのかかわりの中で考える。 準備学習等
第3回 学習指導要領を参照しながら、現代の教師に必要な能力と期待される役割について考える。 準備学習等
第4回 現代社会において生徒が身につけるべきコンピテンシーとは何かについて考える。 準備学習等
第5回 求められる教師像について、国際的な比較を行う。 準備学習等
第6回 現在の教育について、各自が持ち寄ったニュースを共有し、何が課題となっているかについて討議する。 準備学習等 自分が現在関心を寄せる教育関連のニュースをインターネットや新聞等から探し、話題として提供できるように準備しておく。
第7回 現実の学校現場の記録を考察し、そこで求められる教師の資質について考察する。 準備学習等
第8回 教員の多忙化とメンタルヘルスについて考える。 準備学習等
第9回 多様な専門性を持つ内外の人材との連携・分担、チームとして組織的対応について考える。 準備学習等
第10回 教科指導、生徒指導、教育相談、学校経営、学級経営など学校教育全般にわたって教員の仕事と役割について理解を深め、教職という仕事を多角的に理解する。 準備学習等
第11回 各自がもつ「理想の学校」についてグループでイメージを共有し、発表する。 準備学習等 自分の「理想の学校」についてのイメージを説明できるように準備しておく。
第12回 教師の服務規程や身分保障について理解する。 準備学習等
第13回 人間の生涯における「学び」とは何かについて理解する。 準備学習等
第14回 生涯にわたる人間の発達の中で、青少年期の「学び」が持つ意味を理解する。 準備学習等
第15回 教職論で学んだことをまとめて発表、ディスカッションを行う。 準備学習等

成績評価

総合評価(発表、ディスカッションへの参加、振り返りシート、レポート等による総合評価)
内容の比率: 発表、ディスカッションへの参加30% ・振り返りシート(出席点を兼ねる) 30% ・レポート40%
※欠席が5回以上ある場合、評価対象としない。