栄養生理学

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
栄養生理学
Nutrition Physiology
B403440001 2 2 前期授業 専門科目 DRNUT2605-J1 水1 F302 叶内 宏明

オフィスアワー

金曜日9:30〜10:30

授業目標

基礎栄養学に引き続いて栄養生理学に関する基礎的な知識を習得する。具体的には、微量栄養素(ビタミン、ミネラル)の生体内での機能を理解する。また、食事摂取基準について基礎的な事項、科学的な根拠について学ぶ。

教科書

奥恒行、柴田克己編「基礎栄養学」(南江堂)
日本人の食事摂取基準〔2020年版〕厚生労働省「日本人の食事摂取基準」策定検討委員会報告(第一出版)

関連科目

基礎栄養学、応用栄養学I、Ⅱ

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業の前後で教科書の関連する箇所をよく読んでおくこと。

授業の概要

ビタミンとミネラルの栄養学について説明する。また、食事摂取基準についてもその策定の科学的な根拠を解説する。

授業計画

第1回 講義の概要説明 準備学習等
第2回 脂溶性ビタミンの生理的役割(その1) 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第3回 脂溶性ビタミンの生理的役割(その2) 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第4回 水溶性ビタミンの生理的役割(その1) 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第5回 水溶性ビタミンの生理的役割(その2〕 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第6回 水溶性ビタミンの生理的役割(その3〕 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第7回 ミネラルの生理機能(その1) 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第8回 ミネラルの生理機能(その2) 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第9回 まとめ ビタミンとミネラル(小テスト) 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第10回 水・電解質1 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第11回 水・電解質2 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第12回 食事摂取基準の基本的な考え方 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第13回 食事摂取基準の科学的根拠(エネルギー必要量) 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第14回 食事摂取基準の科学的根拠(推定平均必要量) 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと
第15回 食事摂取基準の科学的根拠(推奨量、目安量)(耐容上限量、目標量) 準備学習等 教科書内の関係する項目を熟読しておくこと

成績評価

テストの結果に基づいて、ビタミン・ミネラル・エネルギー代謝の栄養学および食事摂取基準の基礎的な事項に関する理解度を100点満点で評価し、60点以上の者に単位を認める。

備考(実務経験の活用を含む)

講義内容や成績評価など、予定が変更されることがあります。