学校栄養教育論B

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
学校栄養教育論B
Education for School Nutrition B
B403220001 2 3 後期授業 専門科目 DRNUT3702-J1 火1 L401 並河 信太郎
高尾 理樹夫

授業目標

1.学校教育における食に関する指導のねらい、指導内容、指導方法について説明できること。
2.給食時間及び授業時間における食に関する指導ができること。
3.食に関する指導における家庭・地域の必要性や内容が説明できること。

教科書

金田雅代編著「四訂栄養教諭論ー理論と実際ー」(建帛社)

参考書

笠原賀子編著「栄養教諭のための学校栄養教育論」(医歯薬出版株式会社)
文部科学省著「食に関する指導の手引(第ニ次改訂版)」(文部科学省)

関連科目

学校栄養教育論A

授業の概要

近年、食生活の乱れが深刻になってきており、望ましい食習慣の形成は国民的課題となっている。子どもたちが将来にわたって健康で生き生きと生活していけるように、子どもたちに対する食育を充実し、望ましい食習慣の形成をはかることが求められている。学校教育における食育は食に関する指導として実施されている。食に関する指導は学習指導要領において、給食の時間、関連教科、道徳、特別活動など全教育活動を通じて行なうことと示されている。本講義では、学校給食を「生きた教材」としてどのように食に関する指導を進めていくのかを学ぶ。演習では、指導案の作成、模擬授業などをグループ単位の活動で行う。

授業計画

第1回 食に関する指導の全体計画
(目標)食に関する指導の全体計画の目的・内容を理解する。
準備学習等 教科書第6章の内容を事前に読んでおくこと。
第2回 演習 食に関する指導の全体計画
(目標)食に関する指導の全体計画における給食時間及び総合的な学習の単元が作成できる。
準備学習等 前回の目標について復習しておくこと。
第3回 給食の時間における食に関する指導
(目標)食に関する指導の中心である給食時間における指導内容・方法が理解できる。
準備学習等 前回の目標について復習し、教科書第8章の内容を読んでおくこと。
第4回 演習 給食時間における食に関する指導
(目標)給食時間における指導内容を作成し、模擬授業ができる。
準備学習等 前回の目標について復習しておくこと。
第5回 家庭科、技術・家庭における食に関する指導
(目標)学習指導要領における家庭科・技術家庭科の食に関する指導に関連する内容を理解できる。
準備学習等 前回の目標について復習し、教科書第9章2の内容を読んでおくこと。
第6回 体育科、保健体育科、社会科、理科における食に関する指導
(目標)学習指導要領における体育科・保健体育科、社会科、理科の食に関する指導に関連する内容を理解できる。
準備学習等 前回の目標について復習し、教科書第9章3・6・7の内容を読んでおくこと。
第7回 道徳、特別活動における食に関する指導
(目標)学習指導要領における特別活動の食に関する指導に関連する内容を理解できる。
準備学習等 前回の目標について復習し、教科書第9章5及び8の内容を読んでおくこと。
第8回 生活科、総合的な学習の時間における食に関する指導
(目標)学習指導要領における生活科・総合的な学習の時間の食に関する指導に関連する内容を理解できる。
準備学習等 前回の目標について復習し、教科書第9章1及び4の内容を読んでおくこと。
第9回 肥満・食物アレルギー等の個別栄養相談指導
(目標)肥満、やせ、食物アレルギー、偏食、スポーツ等の個別栄養相談指導の内容・方法が理解できる。
準備学習等 前回の目標について復習し、教科書第10章の内容を読んでおくこと。
第10回 演習 学習指導案の作成
(目標)1単位時間の特別活動(学級活動)における食に関する指導の学習指導案が作成できる。
準備学習等 前回の目標について復習し、教科書第9章の学習指導案の内容を読んでおくこと。
第11回 演習 学習指導案の発表
(目標)学習指導案のねらい、本時の活動、評価基準を説明できる。
準備学習等 前回の目標について復習しておくこと。
第12回 学習指導案の相互評価
(目標)各自の学習指導案について、本時のねらい、本時の活動の観点から評価できる。
準備学習等 前回の目標について復習しておくこと。
第13回 演習 模擬授業
(目標)班を単位として食に関する指導(1単位時間)の授業ができる。
準備学習等 前回の目標について復習しておくこと。
第14回 模擬授業の相互評価
(目標)各班の模擬授業について本時のねらい、発問、指示、板書、資料の観点で評価できる。
準備学習等 前回の目標について復習しておくこと。
第15回 家庭、地域と連携した食に関する指導
(目標)食に関する指導は家庭・地域連携をはかることが必要であること及びその内容・進め方が理解できる。
準備学習等 前回の目標について復習し、教科書第11章の内容を読んでおくこと。
第16回 試験 準備学習等 第1回から15回の内容を復習しておくこと。

成績評価

授業目標(達成目標)の1~3の達成度で成績評価を行う。C(合格)となるためには、1~3の全ての項目で基本的な問題が説明又は演習できることが必要である。成績を評価する手段として、レポート、演習(学習指導案・模擬授業)と期末試験を用いる。成績評価に占める割合は、レポート10%、演習20%、期末試験70%とする。