教育の思想と歴史

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
教育の思想と歴史
Theory and History of Education
B402580002 2 1 後期授業 専門科目 DWEDU1324-J1 木5 B3-208,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 髙根 雅啓

授業目標

【授業目標】
1.教育の思想と歴史、教育の理念について、知識に基づいて、理解できる。
2.将来に教員となり、教員としての資質を向上させるために、研究するうえでの基礎的な能力を養う(特に、教育哲学に関する領域の本を読むための基礎的な能力を養う)。
【達成目標】
1.授業で取り扱った内容について、それぞれ、300字程度で、文章にまとめることができるようになる。
(具体的なテーマとしては、例えば、発達、公教育、学制、教育勅語、戦後教育改革等々)。

教育や人間に関する幅広い事象について、哲学的・歴史的に考察することができるようになる。

参考書

木村元他『教育学をつかむ』有斐閣、2009年。
田中智志 『何が教育思想と呼ばれるのか』一藝社、2017年
田中智志『共存在の教育学: 愛を黙示するハイデガー』東京大学出版会、2017年
『岩波講座教育 変革への展望』第1巻~第7巻
田中智志『教育臨床学 〈生きる〉を学ぶ』高陵社書店、2012年

授業時間外の学習(準備学習等について)

1.授業について、授業時間外に、ノートの整理をして下さい。
2.授業中に示す参考書などをよく読んでください。

【連絡事項】第1回、第2回は、オンライン(非同期型)です。

授業の概要

授業目標 
教育や人間に関する幅広い事象について、哲学的・歴史的に考察することができるようになる。

授業の概要
教育の歴史および現代的課題について、文献や視聴覚教材などを用いて考察し講義を行う。また、受講者には主体的・積極的な授業への参加を求めます。

授業計画

第1回 第1回:教育の思想や歴史を学ぶ意味は何か
【連絡事項】第1回、第2回は、オンライン(非同期型)です。
準備学習等
第2回 第2回:近代教育思想について(1)子ども・学校・教師・社会というの関係
【連絡事項】第1回、第2回は、オンライン(非同期型)です。
準備学習等
第3回 第3回:近代教育思想について(2)近代公教育と教育思想 準備学習等
第4回 第4回:近代教育思想とポストモダン教育学‐コメニウス・ペスタロッチ・ヘルバルトの教育思想と現代の教育 準備学習等
第5回 第5回:子ども観の成立‐ルソーの思想と現代 準備学習等
第6回 第6回:日本における子ども観の歴史 準備学習等
第7回 第7回:学校とは何か‐近代教育制度の成立と展開 準備学習等
第8回 第8回:学校とは何か‐日本における近代教育制度の受容と展開の歴史 準備学習等
第9回 第9回:学校とは何か‐戦前の教育と戦後教育改革を思想史的に検討する 準備学習等
第10回 第10回:学校における教師の役割(1)「教師の役割とは?」 準備学習等
第11回 第11回:学校における教師の役割(2)知識の伝達とコミュニケーションについて‐「学習の思想」 準備学習等
第12回 第12回:「いのちの教育」について‐教育の基礎概念としての「いのち」 準備学習等
第13回 第13回:学校・家庭・子ども・教師の関係の現在‐教育を成り立たせる関係の現代 準備学習等
第14回 第14回:現代課題としてのメディアリテラシーと人間形成‐現代的課題を歴史的に理解する 準備学習等
第15回 第15回:教育とアイデンティティ‐教育の現代的課題に教育哲学は応答できるか 準備学習等

成績評価

定期試験とレポートで行う。