情報セキュリティ入門<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
情報セキュリティ入門<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010079 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 水2 B3-211 宮本 貴朗

オフィスアワー

月曜 09:00-10:30

授業目標

インターネットをとりまく ICT(情報通信技術)の進展によって,現代社会に生じているさまざまな情報セキュリティに関連する問題について,技術,倫理,法律などのさまざまな観点から考えてみます.情報セキュリティに関連する事件,事故についての情報を調査・収集し,その事案はなぜ起こったのか? その構造的な背景はどのようなものだったのか? どうすれば防ぐことができるのか? という具体的な事項について議論することで情報セキュリティの多様性を理解することが目的です.
この授業を通して,以下の能力を身に付けることを目標とします.
(1) 多様な視点を積極的に取り入れ活用できるようにする
(2) 知識・情報の収集が積極的にできるようにする
(3) 収集した知識・情報を活用して考えることができるようにする
(4) 得た情報や自分の考えを表現・発表できるようにする
(5) 自分の考えを自分で再検討できるようにする.

教科書

使用しない

参考書

「情報化社会と情報倫理」辰己丈夫箸(共立出版) ISBN 432002964X
「情報セキュリティ白書2014」情報処理推進機構(情報処理推進機構) ISBN 4905318254
「情報セキュリティの基礎」石井夏生利 他著(共立出版) ISBN 4320123026

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業中に指示するテーマの選定,情報の収集,収集した情報の調査・分析.調査結果のまとめ,発表内容の準備など,指定された課題を実施し,提出すること.

授業の概要

受講者が自らの関心に基づいて情報セキュリティに関連するテーマを設定し,以下のように全員で議論を進める
(1) 多様な視点によりテーマについて考える
(2) 適切な情報を収集する
(3) 収集した情報を調査・分析する
(4) 調査結果についてレポートにまとめ,発表する
(5) 自分の発表に関する他人の意見などを理解し,自分の発表内容を再検討する

なお,詳細な授業計画については,学習の進捗を勘案し,受講者との話し合いによって変更する.

授業計画

第1回 授業の進め方と情報セキュリティの概要1 (講義) 準備学習等
第2回 情報セキュリティの概要2 (講義) 準備学習等
第3回 情報検索についての基礎知識と図書館ツアー 準備学習等
第4回 資料の収集と分析,発表課題の候補について (1) 準備学習等
第5回 資料の収集と分析,発表課題の候補について (2) 準備学習等
第6回 ディスカッション,プレゼンテーション,レポート作成について 準備学習等
第7回 各自のテーマについての中間発表とディスカッション (1) 準備学習等
第8回 各自のテーマについての中間発表とディスカッション (2) 準備学習等
第9回 各自のテーマについての中間発表とディスカッション (3) 準備学習等
第10回 情報セキュリティの概要3 (講義) 準備学習等
第11回 各自の課題の発表とディスカッション (1) 準備学習等
第12回 各自の課題の発表とディスカッション (2) 準備学習等
第13回 各自の課題の発表とディスカッション (3) 準備学習等
第14回 各自の課題の発表とディスカッション (4) 準備学習等
第15回 総まとめ(補足説明とディスカッション) 準備学習等

成績評価

授業目標(1)-(5)の達成度で成績評価を行う.C(合格)となるためには,
(1) 多様な視点を積極的に取り入れ活用できるようにする
(2) 知識・情報の収集が積極的にできるようにする
(3) 収集した知識・情報を活用して考えることができるようにする
(4) 得た情報や自分の考えを表現・発表できるようにする
(5) 自分の考えを自分で再検討できるようにする.
の5点を達成できることが求められる.
成績を評価する方法として,個人の授業への積極的な参加(ディスカッションなどでの発言等)50点,プレゼンテーション50点の割合で評価する.知識の習得自体ではなく,資料の収集・理解,多様な見解の検討,他者との議論,自分の考えをまとめて発表するプロセスを重視する.