無機化学IV

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
無機化学IV
Inorganic Chemistry IV
B304070001 2 3 後期授業 専門科目 CSCHE3512-J1 水2 A5-306 亀尾 肇

オフィスアワー

随時

授業目標

本科目では、「周期表における各元素の位置と性質との相関」を理解するため、「元素各論」について講義します。
これにより、原子、分子の構造、無機化合物の化学結合と構造について理解を深め、それらの特徴を活かした実用的な応用についても知識を習得することを目的とします。

より具体的には,以下の能力を身につけることが達成目標です.
1. 元素の周期性について説明できること.
2. 代表的な無機化合物の構造を記述できること.
3. 無機化合物の結合性について説明できること.
4. 無機化合物の結合や構造に関連付けて、それらの物性や反応性について説明できること.
5. 無機化合物の物性や反応性に関連付けて、その利用法について説明できること.

教科書

ハウスクロフト「無機化学(上・下)」(東京化学同人)

参考書

三吉克彦 「はじめて学ぶ大学の無機化学」 (化学同人)

関連科目

無機化学1・無機化学2・無機化学3・無機化学演習

授業時間外の学習(準備学習等について)

無機化学は決して暗記の学問ではありません。
原子、分子の電子構造を理解し、無機化合物の構成原子を考えることで、それらの特徴や利用法が理解できます。
学習する際には、このことに留意して下さい。

授業の概要

これまで「無機化学1」ー「無機化学3」では、原子、分子の成り立ちや化合物の反応性や構造について、分子軌道相互作用に注目して学んできました。
本科目では、それらの知識を基礎として、「周期表における各元素の位置と性質との相関」に注目して、各元素の特徴や利用法について学びます。
授業はテキストの10章から18章の内容を中心に実施します。

授業計画

第1回 「水素とその同位体」 準備学習等 テキスト10章
第2回 「1族元素:アルカリ金属」 準備学習等 テキスト11章
第3回 「2族元素:アルカリ土類金属」 準備学習等 テキスト12章
第4回 「13族元素:ホウ素族」 準備学習等 テキスト13章
第5回 「13族元素:ホウ素族」 準備学習等 テキスト13章
第6回 「14族元素:炭素族」 準備学習等 テキスト14章
第7回 「14族元素:炭素族」 準備学習等 テキスト14章
第8回 「15族元素:窒素族」 準備学習等 テキスト15章
第9回 「15族元素:窒素族」 準備学習等 テキスト15章
第10回 「16族元素:酸素族」 準備学習等 テキスト16章
第11回 「16族元素:酸素族」 準備学習等 テキスト16章
第12回 「17族元素:ハロゲン」 準備学習等 テキスト17章
第13回 「17族元素:ハロゲン」 準備学習等 テキスト17章
第14回 「18族元素:希ガス」 準備学習等 テキスト18章
第15回 期末試験 準備学習等

成績評価

授業目的(到達目標)の達成度を、中間・期末試験および 課題レポートの内容/提出状況により評価します。
単位を修得するためには、授業内容を理解し基礎的な問題に解答できることが必要です。

備考(実務経験の活用を含む)

無機化学1、無機化学2を履修していることが望ましい。
授業の進行状況を考慮しつつ、中間試験を行う。
期末試験は対面で実施する予定です。但し、状況をみてオンラインで行う場合もあります。