数理科学卒業研究

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
数理科学卒業研究
Undergraduate Research
B303990001 8 4 通年授業 専門科目 CSMAT4333-J5 割外 研究室 壁谷 喜継

オフィスアワー

木曜日16:15~17:30

授業目標

数理科学各分野の特定の研究課題を自主的に選定させ、専門書・論文の輪読を通じて学生自らが自発的に学習・研究することを実践させる。数理科学課程の専門的知見、知的・倫理的基礎能力、課題発見・解決能力、プレゼンテーション能力、国際社会で通用する技術者・研究者としての養う。具体的には以下の能力を身に着けることを達成目標とする。

1.数理科学の専門的知識とその応用を体系的に学び、現実社会の問題解決に役立てることが出来る。
2.数理科学について、文章を読み書くことができ、論理的な議論ができる。
3.社会の様々な問題を数理科学を利用することにより分析することができる。
4.社会の様々な問題を数理科学を利用することにより解決へと導ける創造能力がある。

授業時間外の学習(準備学習等について)

1.指導教員の指示に従い、指定された文献を読み、セミナーにおける発表の準備を入念に行なうこと。
2.Web またはプリントにより出された課題をセミナー前に解いておくこと。

授業の概要

以下の項目について、演習を行なう。
・テキストおよび論文の輪読
・研究課題の自主的選定
・卒業研究論文執筆
・卒業論文発表

成績評価

達成目標の1~4の達成度によって成績評価を行なう。単位を取得するためには、卒業研究課題に関する学術文献を理解し、研究を行なうこと、さらに、卒業研究課題に関して得られた結果に基づき研究課題の報告ができることが求められる。成績に占める割合は、平常点60点、卒業論文20点、卒業研究発表20点の計100点満点で評価する。

備考(実務経験の活用を含む)

本年度開講せず。