数理科学演習II

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
数理科学演習II
Undergraduate Seminar II
B303980001 2 4 後期授業 専門科目 CSMAT4332-J2 割外 研究室 壁谷 喜継

オフィスアワー

月曜日14:35--16:05

授業目標

1. 学術文献を参考にして、自らの研究テーマの背景や原理に関する基本的な知識を身につける。
2. 科学の研究を取り巻く社会が求めるルールやモラルについての基本的な知識を身につける。
3. 学術文献に記載された問題設定や解決方法の参考事例を学び、研究者の素養を身につける。
4. 研究テーマに関連したキーワードに基づいて、自ら学術文献の検索及び調査ができる能力を身につける。
5. 学術文献を読み、その内容を正確に理解し、判り易く説明できる能力を身につける。
6. 学術文献に記載された研究成果と解釈について質疑を行い、科学的根拠に基づいた多面的な解釈や結論ができる能力を身につける。

関連科目

数理科学特別演習Ⅰ

授業時間外の学習(準備学習等について)

担当教員が随時指示。

授業の概要

修士論文執筆に必要な専門基礎知識について、関連した論文の講読と議論を行うことで、最新の研究成果を学ぶとともに、研究遂行に必要な知識や技術を修得する。

授業計画

各研究室に分属し、担当教員の指導の下、最新の学術雑誌に掲載される論文の講読を行う。現在展開されている最先端の情報数理科学研究の成果を学ぶとともに、各自の研究内容の位置づけをより深く理解する。

成績評価

授業目標の1~6の達成度で成績評価を行なう。単位を取得するためには、学術文献(テキスト、論文など)を演習で毎回発表することが求められる。成績評価は、演習の発表を基づいて行なう。

備考(実務経験の活用を含む)

本年度開講せず。