数理統計学Ⅱ

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
数理統計学Ⅱ
Mathematical Statistics II
B303900001 2 3 後期授業 専門科目 CSMAT3324-J1 火4 A14-333 綿森 葉子

オフィスアワー

火曜 16:15-17:00

授業目標

学生がノンパラメトリック法と多重比較法の理論を理解し, 演習問題を解くことで実践力を身につけることを目標とする. ノンパラメトリック法として, 符号検定, 連検定, ウィルコクソン検定などを多重比較法として, テューキー法, シェッフェ法などを扱う. 具体的な達成目標は以下のとおり.
1. ノンパラメトリック法の基礎概念を理解する
2. 多重比較法の基礎概念を理解する
3. 実際のデータに適切な検定法を適用することができる
4. 身近なものや事柄についてデータを集めることができる
5. 集めたデータを用いて適切な統計解析ができる

教科書

プリントを配布する

授業時間外の学習(準備学習等について)

毎回の授業について復習すること. 特にレポートは必ず期限内に提出すること.

授業計画

第1回 符号検定 準備学習等
第2回 カイ二乗検定 準備学習等
第3回 連検定 準備学習等
第4回 ノンパラメトリック法(1標本)まとめ 準備学習等
第5回 ウィルコクソンの符号付順位検定 準備学習等
第6回 コルモゴロフ=スミルノフ検定 準備学習等
第7回 スピアマン検定 準備学習等
第8回 ノンパラメトリック法(対応のある2標本)まとめ 準備学習等
第9回 中央値検定 準備学習等
第10回 ウィスコクソン=マン=ホイットニー検定 準備学習等
第11回 アンサリ=ブラッドレイ検定 準備学習等
第12回 ノンパラメトリック法(独立な2標本)まとめ 準備学習等
第13回 テューキー法 準備学習等
第14回 シェッフェ法 準備学習等
第15回 多重比較まとめ 準備学習等

成績評価

達成目標1-5の達成度で成績評価を行う. C(合格)となるためには実際のデータについて講義でとりあげた手法のいくつかを利用できることが必要である. 成績に占める割合は,期末試験5割,レポート5割とする.