Academic English IB<6組>(生命・理学)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
Academic English IB<6組>(生命・理学)
Academic English IB
A310020062 2 1 前期授業 外国語科目(英語) FLENG1502-J2 木3 B3-107 村島 佳子

オフィスアワー

木曜日 12:20 ~ 12:50

授業目標

科学、テクノロジー、環境、経済、文化、心理、医療、健康など様々な学問分野からの興味深いトピックを扱いながら、英語の4技能 (リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)を総合的に学びつつ、主としてまとまった内容を理解して聞き取る力を養成することを目的とします。要点を聞き取り、論理的な流れを把握する能力を養います。

教科書

WORLD INSIDERS
編著者名:吉田 国子 / Anthony Allan
出版社:金星堂  ISBN:9784764741218

参考書

授業中適宜紹介します。

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業で使用する教科書がみなさんのお手元に届きましたら、その教科書の最後のページに映像配信サービスについて説明されていますので、利用方法をよく読んで、パソコンやスマートフォンにストリーミングしておいてください。

受講前に映像を必ず視聴しておいてください。リスニングが苦手だなと思う人は復習用にも使ってください。最初は全部聴き取れなくても全然かまいません。何度も聞いていくうちに音に慣れてくると思いますので、毎日一回でもいいですから聴く習慣をつけてください。余裕のある人は聴きながら流れてくる英語のすぐあとについて読む練習をしてみるのもいいでしょう。もちろん、完璧でなくてもかまいません。また、速度についていけなくなったら、次の文から始めればよいのです。焦らずに頑張っていきましょう。

授業の概要

本授業では、特に単語・文単位の聞き取りだけでなく、パラグラフや文章全体の要点を聞き取る力を養成します。

[Video-Viewing]
ニュースウェブサイト INSIDER から選び出されたニュース記事を視聴し、「概要を理解→詳細を聴き取り」を通して、映像全体の理解を深めます。

[Reading]
視聴したニュースに関連した英文を読み、内容を理解します。

[Writing & Speaking]
後期の授業で学修するプレゼンテーションの準備の一つとして英文作成の練習をします。

授業計画

第1回 オリエンテーション(授業の進め方、テキストの使い方等の説明)
Unit 1: Don't Sneeze on Me!
準備学習等 Unit 1 の予習
第2回 Unit 1 続き
Unit 2: Hard-Working Dads
準備学習等 Unit 1・Unit 2 の予習
第3回 Unit 2 続き
Unit 3: Life with Spice!
準備学習等 Unit 2・Unit 3 の予習
第4回 Unit 4: The Importance of Insects 準備学習等 Unit 4 の予習
第5回 Unit 5: Suits for Discovery 準備学習等 Unit 5 の予習
第6回 Unit 6: Changing Bodies 準備学習等 Unit 6 の予習
第7回 Unit 7: A Cold Thought 準備学習等 Unit 7 の予習
第8回 Unit 8: No Space for Wisdom 準備学習等 Unit 8 の予習
第9回 Unit 9: Sounds from Plastic 準備学習等 Unit 9 の予習
第10回 Unit 10: Forward vs. Backward 準備学習等 Unit 10 の予習
第11回 Unit 11: Silence Is Golden! 準備学習等 Unit 11 の予習
第12回 Unit 12: What Is Your Type? 準備学習等 Unit 12 の予習
第13回 Unit 13: New Homes for Humans? 準備学習等 Unit 13 の予習
第14回 Unit 14: A New Life for Shells 準備学習等 Unit 14 の予習
第15回 Review ( Unit 1 - Unit 14 ) 準備学習等 Unit 1 ~ Unit 14 の復習
第16回 定期試験 準備学習等

成績評価

授業目標の達成度で成績評価をする。
評価方法は 定期試験(70%)小テスト(20%) 授業中発表・課題提出等(10%)から総合的に評価する。
単位を取得するには授業中に教科書で学修したことをきちんと理解できていることが必要であり、特にリスニングに関しては英語を聞いてその内容を理解できることが重要である。