食と生命のかかわり<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
食と生命のかかわり<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010078 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 木2 B3-108 岩城 俊雄

オフィスアワー

適時(事前にメール連絡)

授業目標

食と健康について世界的にも関心が高まっており,この分野に関する話題には事欠かないと思います.食を取り巻く問題は様々なものがあり,個人のおかれた地域や生活と文化から地球環境に至るまで広範囲に及びます.これまでの学校生活の中でもこの問題について色々な勉強や情報収集をされてきたと思いますが,より高度で科学的な視点で情報をまとめ,ディスカッションとディベートを通じて,批判的な見方,肯定的な見方の双方から論理的なプレゼンテーションとしてまとめる能力を身につける事を目標にしたいと思います.

参考書

Cooking for Geeks , Jeff Potter, オライリージャパン
物語 食の文化,北岡正三郎,中公新書
料理の科学 1,2,Robert Wolk,楽工社

授業時間外の学習(準備学習等について)

テーマを決めて,情報収集をする.
プレゼンテーション作成のための資料整理.
ディスカッションで生じた質問への回答準備.
レポート作成.

授業の概要

自身あるいは自分のグループの考えをまとめて発表する.
また,他者の発表に対してより建設的な質問を考えて議論を発展させる.
さらに批判的な意見に対して自分の考えを修正し,より完成されたプレゼンテーションへと発展させる.
以上の過程を繰り返す事で,大学で必要な自学する能力を涵養することを目指します.
授業の進捗や状況によって,以下の授業計画は変更する場合があります.

授業計画

第1回 オリエンテーション・図書館ツアー 準備学習等
第2回 予備講義・テーマの検討 準備学習等
第3回 情報収集およびテーマの決定・グループ分けの決定 準備学習等
第4回 各テーマの調査事項の検討・情報収集 準備学習等
第5回 情報収集とプレゼンテーションの準備 準備学習等
第6回 1.グループワークによるプレゼンテーションの準備 準備学習等
第7回 中間発表 準備学習等
第8回 1.発表と質疑応答 準備学習等
第9回 2.発表と質疑応答 準備学習等
第10回 3.発表と質疑応答 準備学習等
第11回 4.発表と質疑応答 準備学習等
第12回 各プレゼンテーションに対する再検討と,テーマの再構築 準備学習等
第13回 1.最終発表 準備学習等
第14回 2.最終発表 準備学習等
第15回 総合討論・まとめ 準備学習等

成績評価

授業への積極的な参加を60%,プレゼンテーションと質疑応答の内容を40%を基準とします.
出席は別途考慮します.