Academic English IB<3組>(生命・理学)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
Academic English IB<3組>(生命・理学)
Academic English IB
A310020047 2 1 前期授業 外国語科目(英語) FLENG1502-J2 木3 B3-308,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 岸本 映子

オフィスアワー

木曜日 時間は相談に応じる

授業目標

科学、テクノロジー、環境、経済、文化、心理、医療、健康など様々な学問分野からの興味深いトピックを扱いながら、英語の4技能(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)を総合的に学びつつ、主としてまとまった内容を理解して聞き取る力を養成することを目的とします。

教科書

Health & Environment Reports from VOA Volume 4 (松柏社)

参考書

『ロイヤル英文法』旺文社、『表現英文法』コスモピア

授業時間外の学習(準備学習等について)

復習重視の授業であるので、以下の4点を復習としてその日の内に必ずやっておくこと。

1)テキストの音源を以下のサイトよりダウンロードし、何度も聴く
http://shohakusha.com/free/sound
自然のスピードの英語で概要がつかめるようにする。

2)テキストの各ユニットにある次の3カ所の問題は宿題とする。また提出すること。
  1.TRUE OR FALSE?
  2.USEFUL EXPRESSIONS,
  3.TRANSLATIONS

3)小テストの準備をする(毎時間、単語の小テストを実施する)。

4)前授業の英語を和訳する。宿題として提出する。
 宿題は次の授業で答え合わせをするが、事前に提出する。(提出方法は授業で説明する)

授業の概要

アメリカのニュース(VOA)を通して、リスニングの力を強化する。また内容を理解する力(聴く、読む)、設問を通して書く力(語順も含む)、語彙力の向上を目指す。健康と環境分野の題材を使って、アカデミックな英語力を伸ばす。
授業では2種類の英語(自然の速度)を集中して聴き、健康や環境に関するニュースの概要を類推してつかむ。

1)自然な速度の英語を聞き、概要を類推して把握する。
2)再度英語を聞き、テキストの空白部分の語彙を書きとる。
3)空白部分の20個の英単語の答えを確認し、テキストの内容を完成させる。
4)パラグラフ毎に内容を日本語で確認する。
5)文法的に難しいところがあれば、説明す・
6)小テストを実施する 各Unit 15~20問(8分程度)

授業計画

第1回 ・授業の全体計画と授業方針
・英語のパラグラフ構造
1 犬がストレスを感じる原因
Woof! I Feel Stress
準備学習等 テキストを購入し、持参すること
第2回 2 人間と地球に最良の食生活
Good for You, Good for the Planet?
準備学習等 Unit1のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 1の和訳
第3回 3 うつ病の新たな治療法
Magnets for Depression
準備学習等 Unit2のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 2の和訳
第4回 4 サンゴ礁を保護するためには
Protect the Reefs!
準備学習等 Unit3のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 3和訳
第5回 5 高齢者の記憶を高めるには
Improving Memory in the Aged
準備学習等 Unit4のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 4の和訳
第6回 6 森林から情報を得るために
Helping Trees Talk to Us
準備学習等 Unit5のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 5の和訳
第7回 7 遺伝子操作がエイズ問題を解決するか
Healing with Rice
準備学習等 Unit6のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 6の和訳
第8回 8 マウンテンゴリラの生息数
Helping the Gorillas
準備学習等 Uni72のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 7の和訳
第9回 9 ワクチンに対するフェイクニュース
No More Misinformation!
準備学習等 Unit8のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 8の和訳
第10回 10 鳥類の生息域の移動
No More Mountain Birds
準備学習等 Unit9のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 9の和訳
第11回 11 WHOの認知症啓蒙活動
The Growing Problem of Dementia
準備学習等 Unit10のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 10の和訳
第12回 12 気象変動と闘う生徒たち
Student Walkouts
準備学習等 Uni11のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 11の和訳
第13回 13 移民制限と介護者不足
Immigrants in Health Care
準備学習等 Unit 12のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 12の和訳
第14回 14 ドローンを使ったクジラ観察
Droning on About Whales
準備学習等 Unit 13のTrue or False?, Useful Ex
pressions, Translations 指定さ
れた単語テストUnit 13の和訳
第15回 15.3Dプリンターで臓器作成
See-Through Organs
準備学習等 Unit 1~14までの総復習
第16回 16. Unit 1~15を範囲とする筆記試験(リスニングテストも含む)
(事情により筆記試験の代替レポートが課されることもある)
準備学習等

成績評価

以下の成績項目を算出して、総合的に成績の評価とする。
・平常点(小テスト、宿題、授業態度、発表、提出物など)(70%)、
・筆記試験(リスニングも含む)(30%)
授業態度とは提出物の遅刻や未提出、小テストの成績から総合的に積極的な取り組みをしているかを見る。

備考(実務経験の活用を含む)

・5回以上の欠席は筆記試験の資格を失う。
・遅刻3回は欠席1回相当する。
・30分以上の遅刻は欠席扱いとする。
・欠席する場合は欠席届を提出すること。
・座席は決められた席に座ること。
(オンライン授業の場合は別途連絡する。)