批評文を書こう!:レポートのための批判的思考と文章表現<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
批評文を書こう!:レポートのための批判的思考と文章表現<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010071 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 水2 B2-204 酒井 隆史

オフィスアワー

月曜日13:00~15:00

授業目標

以下の能力を身につけることを目標とする。

・批評文を通して、文章を深く読み込むこと。
・批評文を読み、その問題提起を引き受けながら、自分で思考すること。
・自分で思考したことを、文章として表現すること。
・たがいの文章を批評しあい、思考力や文章力を高めること。
・これを通して、レポートや論文に必須の思考力と文章力の基礎をつける。
・さらに、さまざまな場面に応用できる、ひとに読ませる力のある(アピール力のある)魅力的な文章の作成法を身につける。

教科書

資料を適宜、配付する。

参考書

『高校生のための批評入門』ちくま学芸文庫

授業時間外の学習(準備学習等について)

指定したテキストを読み、指定した批評文を書くこと。

授業の概要

文学や哲学、エッセイなど、さまざまなジャンルのすぐれた文章の抜粋を読み、提示する課題に応じて自分で批評文を書いてみる。さらにそれを参加者みなで読み、おたがいに批評をしあう。そのプロセスを重ねながら、レベルをより高度なものにしていく。

授業計画

第1回 授業オリエンテーション
大学生活について・レポートの書き方
準備学習等 ・特になし
第2回 批評とはなにか? 講義と課題文(1)ひとと自分は違うということについて 準備学習等 ・第1回に配付したテキストを読んでくる。
第3回 作成エッセイの発表と批評(1):文章作成の基礎 準備学習等 ・課題文(1)をふまえて提出された課題についてエッセイを書いてくる。
第4回 講義と課題文(2):死について 準備学習等 ・特になし
第5回 作成エッセイの発表と批評(2):文章作成の展開 準備学習等 ・課題文(2)をふまえて提出された課題についてエッセイを書いてくる。
第6回 講義と課題文(3):幼いころの記憶について 準備学習等 ・特になし
第7回 作成エッセイの発表と批評(3):文章作成のさらなる展開 準備学習等 ・課題文(3)をふまえて提出された課題についてエッセイを書いてくる。
第8回 講義と課題文(4):隠喩としての病 準備学習等 ・特になし
第9回 作成エッセイの発表と批評(4):文章作成のもっと先への展開 準備学習等 ・課題文(4)をふまえて提出された課題についてエッセイを書いてくる。
第10回 講義と課題文(5):拒絶すること 準備学習等 ・特になし
第11回 作成エッセイの発表と批評(5):文章作成を深める 準備学習等 ・課題文(5)をふまえて提出された課題についてエッセイを書いてくる。
第12回 講義と課題文(6):作品レビュー 準備学習等 ・特になし
第13回 作成エッセイの発表と批評(6):文章作成をさらに深める 準備学習等 ・特定の作品についてのレビューを書いてくる。
第14回 最終課題をふまえての講義 準備学習等 ・演習のさいに指定する。
第15回 まとめ 準備学習等 ・演習のさいに指定する。

※授業形態について
 原則対面形式。それが不可能な場合、同期型オンライン。


※内容の細部については変更もある。

成績評価

授業目標の達成度については、1,課題(70%)、2,個人の授業への積極的な参加度(発表、ディスカッションの場面)(30%)の割合で評価する。