通信網工学

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
通信網工学
Communication Network Engineering
B200720001 2 3 後期授業 専門科目 BEELE3428-J1 金1 B4-西K-402 小山 長規

オフィスアワー

月曜日12:15~12:45、16:15~18:30(B4棟W408室)

授業目標

学習到達目標:次の内容を理解・把握できるようにする
(1) 電話ネットワークから最近のIP ネットワークまで通信技術の発展経緯
(2) ディジタル化によるネットワークの統合の意味
(3) IPパケットのルーティングの仕組み
(4) TCP/IP の仕組み
(5) インターネットとIP サービス
(6) 光ファイバによるブロードバンド化の意味

教科書

配布テキスト

参考書

通信ネットワーク工学 勝山豊著 森北出版株式会社
日経ネットワーク

関連科目

通信システム

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業関連資料を、授業支援システムから事前に配布します。配布資料を用いて次回授業の予習を行ってください。

授業の概要

通信技術は急速に発展し、今後の高度情報化社会に向けて通信技術の果たすべき役割はますます重要となっている。また、光通信や無線通信によるブロードバンド化とインターネットの普及に伴うIP(Internet Protocl)通信の拡大などの大きな通信技術の転換をむかえている。本講義では.コンピュータネットワーク、WWW(World Wide Web)を支えるIPネットワークを中心に、情報通信を体系的に理解し、今後の展開方向を考える上で重要となる基礎知識について理解できるようにする。また、光通信ネットワークを中心に各種ネットワークに関しても理解できるようにする。

授業計画

第1回 講義ガイダンス 準備学習等
第2回 通信サービスとネットワークの概観 準備学習等 配布テキストの予習
第3回 デジタル化による通信サービスの統合 準備学習等 配布テキストの予習
第4回 同期ディジタルハイアラーキ 準備学習等 配布テキストの予習
第5回 ローカルエリアネットワーク 準備学習等 配布テキストの予習
第6回 イーサネット(発明から10Base-5・CSMA/CD) 準備学習等 配布テキストの予習
第7回 イーサネット(10Base-T・ギガビットイーサネット) 準備学習等 配布テキストの予習
第8回 回線交換方式とパケット交換方式・IP 準備学習等 配布テキストの予習
第9回 IPルーティング 準備学習等 配布テキストの予習
第10回 インターネット 準備学習等 配布テキストの予習
第11回 TCP・UDP 準備学習等 配布テキストの予習
第12回 DNS・WWW 準備学習等 配布テキストの予習
第13回 ブロードバンドネットワーク 準備学習等 配布テキストの予習
第14回 光ファイバネットワーク 準備学習等 配布テキストの予習
第15回 将来のネットワーク 準備学習等 配布テキストの予習
第16回 期末試験 準備学習等

成績評価

授業各回で課題を出すので、課題に対するレポートを提出してください。レポート提出を出席とみなします。出席回数が10回に満たない場合は期末試験の受験資格を与えません。達成目標の(1)〜(6)について、中間レポートや期末試験から達成度評価を行います。C(合格)となるためには、十分な達成成果を示す必要があります。