社会に通用するプレゼン技術を磨く~健康をテーマに~<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
社会に通用するプレゼン技術を磨く~健康をテーマに~<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010068 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 水4 B3-108 竹井 邦晴

オフィスアワー

月(12:00~13:00)・水(12:00~13:00)

授業目標

身近で且つ分かり易い又は興味のあることをテーマとして、これから来る未来をイメージしながら各自の考えについて議論する。本授業では、
(1) 答えのない事項を考える・イメージすることができるようにする。
(2) 自分の考えを他の人に伝えることができるようにする。
(3) 問題点や課題を見つけ、その解決方法を見つけることができるようにする。
(4) 議題について様々な人と議論できるようにする。
(5) 的確な知識や情報の収集をできるようにする。
(6) (1)-(5)をもとに情報を人に的確に伝えるプレゼンができるようにする。
の6点の能力を身に着けることを目標とします。キーワードは「健康社会」としますが、基本的には皆さんのアイデアや発想に任せ、自主的に、そして論理的に物事を考える力を養ってもらいます。

教科書

なし

参考書

なし

関連科目

なし

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業中にも情報収集やプレゼンテーションの準備時間を作りますが、授業時間外にも情報収集や発表スライドの準備を行う必要があります。

授業の概要

大学を卒業後、ほとんどの皆さんが会社勤務や起業などをすることかと思います。そこで重要となるのは、「自分の意見を言える」「相手を尊重することができる」「的確な問題提起ができる」「問題に対する解決能力がある」「アイデアを創造できる」「仲間と共存できる」ではないかと思います。本授業では、これらの能力を養う最初の取り組みとして、身近な話題である「健康」をとりあげ議論を行ってもらいます。議題やトピックは皆さんに考えてもらい、その課題について調べ、そしてその解決方法を探してもらいます。特に本授業ではグループディスカッションを中心に行い、議論した内容を2回(中間と最終)発表してもらいます。

授業計画

第1回 自己紹介と授業紹介(第2回までに取り上げる内容を考えてきてもらいます) 準備学習等 情報収集
第2回 プレゼンテーションスライドの作り方説明及びテーマ、図書館ツアー 準備学習等
第3回 調査及び議論(1) 準備学習等 情報収集
第4回 調査及び議論(2) 準備学習等 情報収集
第5回 グループディスカッション(1) 準備学習等 情報収集
第6回 プレゼン資料準備 準備学習等
第7回 中間報告会(1) 準備学習等
第8回 中間報告会(2) 準備学習等
第9回 調査及び議論(1) 準備学習等 情報収集
第10回 グループディスカッション(2) 準備学習等 情報収集
第11回 調査及び議論(3) 準備学習等 情報収集
第12回 グループディスカッション及びプレゼン資料準備 準備学習等 情報収集
第13回 プレゼン資料準備 準備学習等
第14回 最終報告会(1) 準備学習等
第15回 最終報告会(2) 準備学習等

成績評価

授業目標の達成度で評価する。成績評価は、授業中に行う中間発表及び最終発表の内容(40%)、進捗具合を報告してもらうレポート(30%)さらには授業への意欲的な参加具合(報告会では発表だけでなく皆さんで議論してもらいます)(30%)を見て行います。単位取得の最低基準は、プレゼンテーション2回の発表、レポート提出、議論を行うことが求められます。