環境システム学演習IV

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
環境システム学演習IV
Seminar in Environmental System Sciences IV
B100600003 2 3 後期授業 専門科目 AEESS3214-J2 火4,火5 A15-101,A15-229 片畑 真由美・他

オフィスアワー

テーマ担当教員によって異なるので,初回オリエンテーション時に確認すること。

授業目標

文献購読,実験・調査,及び事例検討会を通して,人間環境科学の研究を遂行するために必要な技能である文献購読スキル,実験・調査スキル,症例検討スキルを身につける。具体的には以下を達成目標とする。
1.文献研究により基礎的な研究テーマを立てることができる。
2.基礎的な研究テーマにふさわしい研究方法で計画を立て研究を実施し発表することができる。

教科書

実験グループ:指定しない
臨床グループ:指定しない

参考書

授業中に,適宜紹介する

関連科目

人間環境科学課程専門科目の全て

授業時間外の学習(準備学習等について)

文献や資料を事前に読了し,発表資料を作成してくること

授業の概要

 実験グループでは,各自が,卒業研究に繋がるようなテーマを選び,外国語文献を読んだ後,実験計画を立てて実験を行い,発表する。
 臨床グループでは,各自が,卒業研究に繋がるようなテーマを選び,研究計画を立てて文献研究・実験・調査を実施し,発表する。

授業計画

実験グループ:
 第1回:オリエンテーションとグループ分け
 第2~15回:文献購読,実験計画の立案,実験・調査の実施

臨床グループ:
 第1回:オリエンテーション
 第2~15回:文献講読,研究計画の作成,文献研究・実験・調査の実施

成績評価

授業目標(達成目標)の1〜2の達成度で成績評価を行う。単位を取得するためには、
1.文献研究により基礎的な研究テーマを立てることができる。
2.基礎的な研究テーマにふさわしい研究方法で計画を立て研究を実施し発表することができる。
上記2点の達成が求められる。成績評価の方法には演習への参加・発表状況とレポートを用いる。
毎回の出席が必須で、成績評価に占める割合は発表及びレポート(100%)である。