環境システム学演習II

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
環境システム学演習II
Seminar in Environmental System Sciences II
B100580003 2 2 後期授業 専門科目 AEESS2211-J2 水4,水5 B1-1,B3-311-A 牧岡 省吾・他

オフィスアワー

各テーマ担当の教員によって異なる。

授業目標

この授業では、基本的な心理実験をグループで遂行し、結果をレポートにまとめることができることを目標としています。
具体的には、
1.心理実験の基本的手法を実施できる。
2.実験結果を整理・分析して、レポートにまとめることができる。

教科書

使用しない

参考書

授業中に適宜紹介する。

関連科目

環境システム学演習Ⅰ,統計学基礎Ⅰ,Ⅱ,情報基礎

授業時間外の学習(準備学習等について)

「教材心理学」を使用する回については、あらかじめ該当部分の説明を読んでおくこと。また、1テーマ(2週間)ごとに,レポート提出を求めるが,実験データの分析等を含めたレポート作成は、授業時間外に各自で行うこと。

授業の概要

環境システム学演習Ⅱ(人間環境科学課程)では,環境と人間の関わりの中でも,人間に焦点化した研究アプローチについて学習する。特に,基本的な心理学の研究法を実習形式で学びながら,人間の様々な側面について調べる方法を身につける。

授業計画

第1回 イントロダクション 準備学習等 なし
第2回 ミュラー・リヤーの錯視 準備学習等 テキスト予習
第3回 大きさの恒常性 準備学習等 前回テーマのレポート作成
テキスト予習
第4回 鏡像描写(1) 準備学習等 前回テーマのレポート作成
テキスト予習
第5回 鏡像描写(2) 準備学習等 実験データの整理
第6回 性格の認知(1) 準備学習等 前回テーマのレポート作成
テキスト予習
第7回 性格の認知(2) 準備学習等 実験データの整理
第8回 調査法の基礎(1) 準備学習等 前回テーマのレポート作成
第9回 調査法の基礎(2) 準備学習等 資料予習
第10回 社会的認知(1) 準備学習等 前回テーマのレポート作成
テキスト予習
第11回 社会的認知(2) 準備学習等 実験データの整理
第12回 学類報告会の準備(1) 準備学習等 前回テーマのレポート作成
第13回 学類報告会の準備(2) 準備学習等 先行研究の検索
第14回 学類報告会の準備(3) 準備学習等 先行研究に関する文献を読む
第15回 学類報告会(分科会形式) 準備学習等 プレゼンテーションの準備

成績評価

授業目標(達成目標)の1〜2の達成度で成績評価を行う。単位を取得するためには、
・心理実験の基本的手法を60%以上実施できる。
・実験結果を整理・分析して、レポートにまとめることが60%以上できる。
上記の2点を達成することが求められる。成績を評価する方法として、毎回のレポートを用いる。成績評
価に占める割合はレポート(100%)である。すべての実験に参加してレポートを期限内に提出すること。数回以上欠席した場合や何度かレポートを期限内に提出しなかった場合、単位の修得は困難になる。

備考(実務経験の活用を含む)

実験後、翌週の実習開始時に実験のレポートを提出すること。授業を欠席した場合は、その週のレポートを提出できない。提出されたレポートは基本的に翌週に返却されるが、内容によっては再提出を求めることがあるので、毎回のレポートのコメントを参考に内容を高めていくこと。

※本授業は対面で実施予定です。