ヒトの運動能力を科学する<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
ヒトの運動能力を科学する<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010058 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 木2 B2-304 川端 悠

オフィスアワー

水曜日12:10〜12:40

授業目標

スポーツは直感でするもの!センスが重要!とよく言われます。そういった個人的な主観を客観的に観察してみたいと思いませんか!?トップ選手を被験者にすることはできませんが、みなさん自身が被験者となってスポーツに関係する動作や身体にかかる負荷を観察しましょう。

授業目標
運動時の身体活動を測定(実験)し、その結果を客観的に分析・説明できる能力を身につけます。

教科書

なし

参考書

アカデミックライティング入門 レポートの書き方

関連科目

健康・スポーツ科学演習および健康・スポーツ科学概論

授業の概要

ゼミでは①先行研究の調査、②実験計画の作成、③実験、④レポート作成、⑤プレゼンテーションを行います。実験例としては、複数の筋肉の上にセンサーを付けることで動作中の筋活動の違いを調べる、テーピング方法の違いが運動能力に与える影響を調べる、ランニング中の身体のブレを動作解析ソフトから算出する、運動中の酸素摂取量を調べる等があげられます。
履修条件に運動の得意、不得意は一切ありませんので運動が得意ではなくてもウエルカムです。
授業概要:
1st.ステップ 教員が決めたテーマで実験を行い、実験の流れを理解してもらいます。
2nd.ステップ ゼミメンバーを複数のグループに分け、各グループで実験テーマを決定します。
3rd.ステップ 先行研究の調査、実験計画の作成、実験、
4th.ステップ レポート作成、プレゼンテーション

授業計画

第1回 オリエンテーション
教員が測定からプレゼンテーションまでの流れを実際に行い、ゼミ活動を伝えます。
準備学習等
第2回 グルーピング、テーマを決めよう! 準備学習等 各自、関心のあるテーマを事前にグループで効率的に話し合いが行える準備をする。
第3回 先行研究を調査しよう! 準備学習等 PCで文献検索できる知識を身につける。
PCのスキルを養う。
第4回 測定しよう!入門編
3回にわたり、検者と被験者になり測定しデータ収集
準備学習等 PCのスキルを養う。
第5回 測定しよう!入門編
3回にわたり、検者と被験者になり測定しデータ収集
準備学習等
第6回 測定しよう!入門編
3回にわたり、検者と被験者になり測定しデータ収集
準備学習等
第7回 データを解析しよう!入門編 準備学習等 統計解析ソフト(SPSS)で分散分析を行う方法を理解する。
第8回 グループごとにプレゼンテーションしよう!入門編 準備学習等
第9回 健康増進施設の見学(休日を使用) 準備学習等
第10回 教員が設定したテーマで検証をしよう! 準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第11回 検証1 準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第12回 検証2
解析および中間ディスカッション、必要ならば再検証
準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第13回 検証3
解析および中間ディスカッション、必要ならば再検証
準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第14回 検証4
まとめの作業
準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第15回 最終授業
個人によるプレゼンテーション
準備学習等

ゼミでは①先行研究の調査、②実験計画の作成、③実験、④レポート作成、⑤プレゼンテーションを行います。実験例としては、複数の筋肉の上にセンサーを付けることで動作中の筋活動の違いを調べる、テーピング方法の違いが運動能力に与える影響を調べる、ランニング中の身体のブレを動作解析ソフトから算出する、運動中の酸素摂取量を調べる等があげられます。
履修条件に運動の得意、不得意は一切ありませんので運動が得意ではなくてもウエルカムです。
授業概要:
1st.ステップ 教員が決めたテーマで実験を行い、実験の流れを理解してもらいます。
2nd.ステップ ゼミメンバーを複数のグループに分け、各グループで実験テーマを決定します。
3rd.ステップ 先行研究の調査、実験計画の作成、実験、
4th.ステップ レポート作成、プレゼンテーション

成績評価

試験・成績評価
①個人レポートの内容60% ②出席状況20%(被験者としての協力) ③授業目標に対する達成度20%
以上、3点から評価します。

備考(実務経験の活用を含む)

前期中に一度、健康増進施設への見学を行います。
詳細は追って、お伝えします。