薬理学

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
薬理学
Pharmacology
A700110001 1 2 前期授業 医療・保健基礎科目 DNOME2211-J2 火5 L204-1 綿野 智一

授業目標

疾病の病態に基づいた治療薬および治療薬の作用機序を理解し,看護活動の与薬管理に必要な薬の知識を習得する.

教科書

疾病のなりたちと回復の促進[3]
薬理学 第13版 (医学書院)

参考書

新しい疾患薬理学 (南江堂)

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業の進行状況に応じて,予習・復習課題等のプリントを配布する.
(教科書指定のページを予習すること.教科書章末のゼミナール問題および配布する確認問題を復習すること.)

授業の概要

薬物の基礎知識および疾病の病態に基づく治療薬の作用機序の解説.

授業計画

第1回 薬理学総論1
(薬理学を学ぶにあたって・薬理学の基礎知識1)
準備学習等 教科書(P3-40) 第1章,第2章A, B
第2回 薬理学総論2
(薬理学の基礎知識2)
準備学習等 教科書(P40-61)第2章C, D, E, F
第3回 抗感染症薬 準備学習等 教科書(P65-93)第3章
第4回 抗がん薬 準備学習等 教科書(P95-108)第4章
第5回 免疫治療薬・抗アレルギー薬 準備学習等 教科書(P109-125)第5章,第6章A
第6回 抗炎症薬
(抗炎症薬・関節リウマチ治療薬・痛風・高尿酸血症治療薬)
準備学習等 教科書(P126-136)第6章B, C, D
第7回 末梢神経系薬1
(神経系情報伝達・自律神経系薬・交感神経系薬)
準備学習等 教科書(P137-148)第7章A, B, C
第8回 末梢神経系薬2
(副交感神経系薬・筋弛緩薬・局所麻酔薬)
準備学習等 教科書(P148-156)第7章D, E
第9回 中枢神経系薬 準備学習等 教科書(P157-188)第8章
第10回 循環器系薬1
(高血圧治療薬・狭心症治療薬・心不全治療薬)
準備学習等 教科書(P189-204)第9章A, B, C
第11回 循環器系薬2
(抗不整脈薬・利尿薬・脂質異常症治療薬)
準備学習等 教科書(P204-216)第9章D, E, F
第12回 循環器系薬3
(血液凝固系薬・貧血治療薬ほか)
準備学習等 教科書(P217-228)第9章G, H
第13回 呼吸器・消化器・生殖器系薬 準備学習等 教科書(P229-248)第10章
第14回 代謝系薬 準備学習等 教科書(P250-264)第11章
第15回 皮膚科・眼科用薬 準備学習等 教科書(P265-276)第12章
第16回 筆記試験 準備学習等 教科書,配布資料,確認問題

成績評価

出席および筆記試験 など