プログラミング入門(現シス(知識・学域))

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
プログラミング入門(現シス(知識・学域))
Introduction to Programming
A600560001 2 1 後期授業 理系基礎科目 FLPRI1956-J1 金5 B3-311 小島 篤博

オフィスアワー

毎週月曜日 11:00〜12:30 (オンライン授業期間を除く)
B3-539

授業目標

問題解決のためのアルゴリズムおよびプログラム作成の基礎を、演習を通して習得する。

教科書

粂井康孝 著, 猫でもわかるC#プログラミング, SBクリエイティブ

授業時間外の学習(準備学習等について)

事前の予習範囲を指示します。

授業の概要

コンピュータを用いた問題解決のためのアルゴリズムやデータ構造の基礎とプログラミング言語の文法を習得する。また、プログラムの編集、ライブラリの利用、コンパイル、実行、デバッグといった一連のプログラム作成過程を、課題による演習を通して習得する。プログラミング言語はC#を用いる。

授業計画

プログラミング言語C#を利用して、以下の内容について実習を行う。
講義内容は以下の通りとする。
・基本的なデータ型
・式、演算子
・制御構造(条件分岐、繰り返し)
・クラス、関数
・ライブラリの利用

【2020年度の対応について】
実習室で対面授業を行うことが、ソーシャルディスタンスの確保や機材の消毒等の面から難しいため、基本的に非同期型オンラインで授業を行います。
ただし、最初だけは、クラスの人数を半分に分けて、2週に分けて対面授業を行います。(10月2日および10月9日)
詳細は授業支援システムで通知しますので、授業開始までに必ずチェックしておいて下さい。

成績評価

各回課題(5割)、期末テスト(5割)で評価します。

備考(実務経験の活用を含む)

授業のビデオ配信や資料配布、課題提出、テストなどは授業支援システムを利用して行います。随時チェックするようにして下さい。