地学実験(工学域・生命環境科学域)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
地学実験(工学域・生命環境科学域)
Experiments for Earth and Planetary Sciences
A600510001 2 1 前期授業 理系基礎科目 FLEAS1951-J3 水4,水5 B3-地学実験室 鈴木 桂子
桑原 希世子

オフィスアワー

水曜 12:30〜13:30

授業目標

地形図や地質図の読み方・書き方、岩石の肉眼鑑定、偏光顕微鏡による造岩鉱物の鑑定や岩石の観察、地学に関する基礎的な実験等を通して、地球科学の基礎を修得し、得られた知識や技術を地球環境、自然災害や防災に関する諸問題に応用し、適切な行動が取れるようになることを目標とする。また、レポートの作成を通して実験・観察の結果を論理的に記述する方法を習得する。

教科書

無し。 資料を配布します。

参考書

都城秋穂・久城育夫「岩石学Ⅰ」(共立全書)
黒田吉兼・諏訪兼位「偏光顕微鏡と岩石鉱物」(共立出版)
後藤和久「Google Earthでみる地球の歴史」(岩波科学ライブラリー)
荒牧重雄・白尾元理・長岡正利(編)「空からみる日本の火山」(丸善)

授業時間外の学習(準備学習等について)

実験で学んだことを復習し、しっかりと身につけて次の実験に望むこと。

授業の概要

地学は,数学,物理学,化学,生物学を基礎とする側面をもつ一方で,岩石・鉱物の同定など独自の研究手法を持っている。地学実験では実体顕微鏡・偏光顕微鏡による岩石および造岩鉱物の鑑定を通して,その研究手法を習得する。同時に地形,地質に関する様々な地質情報をインターネットによって取得する方法についても学ぶ。

授業計画

第1回 実験の進め方についての説明 準備学習等 シラバスを読んでおくこと
第2回 地形図の読み方:地形断面図の作成 準備学習等 地形図について調べておくこと
第3回 ルートマップの作成 準備学習等 全開の内容を復習し、空中写真の見方を理解しておくこと
第4回 インターネットを用いた地質情報 準備学習等 コンピューターの操作方法を理解しておくこと
第5回 空中写真を使った地形の判読 準備学習等 配布資料を読んでおくこと
第6回 火山灰の観察 化石の観察 準備学習等 火山灰に含まれる鉱物について調べておくこと地質年代について調べておくこと
第7回 博物館実習 準備学習等 大阪の成り立ちについて調べておく
第8回 ハザードマップを用いた自然現象の把握 準備学習等 ハザードマップについて調べておくこと。
第9回 岩石の肉眼観察 準備学習等 火成岩、堆積岩、変成岩の特徴を整理しておくこと
第10回 偏光顕微鏡の観察:偏光顕微鏡の使用方法の基礎 準備学習等 偏光顕微鏡の使用方法を理解しておくこと
第11回 偏光顕微鏡の観察:火成岩(深成岩)の観察 準備学習等 火成岩(深成岩)の顕微鏡下での特徴を整理しておくこと
第12回 偏光顕微鏡の観察:火成岩(火山岩)の観察 準備学習等 火成岩(火山岩)の顕微鏡下での特徴を整理しておくこと
第13回 偏光顕微鏡の観察:堆積岩・変成岩・隕石の観察 準備学習等 堆積岩、変成岩、隕石の顕微鏡下での特徴を整理しておくこと
第14回 偏光顕微鏡の観察:苦手な鉱物の特徴を確認する。鉱物鑑定テスト 準備学習等 前回までの内容を復習し、顕微鏡下での鉱物の特徴を整理しておくこと
第15回 予備日 準備学習等

成績評価

授業の課題,レポートなどを総合的に評価します。

備考(実務経験の活用を含む)

実験室設備の都合上,定員は24名とさせて頂きます。
定員以上になった場合は、教職課程履修者(予定者含む)を優先に、選考のうえ受講者を決定します。
抽選に外れた場合は、受講取り消しをしますが、他の科目の追加はできません。
期間中1回は博物館で実習を行う予定ですが、変更の可能性があります。