地球システム科学(生命環境科学域(獣医・応生・緑地))

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
地球システム科学(生命環境科学域(獣医・応生・緑地))
Earth science
A600500001 2 1 前期授業 理系基礎科目 FLEAS1950-J1 水2 B3-118 鈴木 桂子

オフィスアワー

水曜日12:30〜13:30

授業目標

惑星地球の誕生や歴史の概要を把握し、惑星地球の進化を学ぶとともに身近な自然をグローバルな視点で理解する能力を身につけることを目的とする。
約46億年前に太陽系で生まれた地球は、長い年月をかけて海や大気、大陸を形成し、現在に至っている。この講義では、固体地球の構造・運動を理解し、地殻変動の基礎となるプレートテクトニクスを理解し、地震や火山活動の基礎を学ぶことを通して、現在の地球に至る過程を理解する。

具体的な達成目標は、以下の通りである。
1.原始地球の誕生のプロセスを理解し、説明できること。
2.地球の内部構造について、その発見の歴史とともに理解し、説明できること。
3.地球の表面活動をコントロールするプレートテクトニクスを理解し、説明できること。
4.地球の歴史と地質年代を理解し、説明できること。
5.日本列島の誕生について理解し、説明できること。
6.地震活動、火山活動およびマグマ発生のメカニズムを理解し、説明できること。

教科書

使用しない。

参考書

西村祐二郎・ほか「基礎地球科学」(朝倉書店)
是永淳「絵でわかるプレートテクトニクス」(講談社)
堤之恭「絵でわかる日本列島の誕生」(講談社)

関連科目

地球科学系の授業

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業の復習を行うこと。 復習のため随時,小レポートを課します。

授業の概要

15回の授業のうち、前半は、原始地球の誕生、地球の内部構造、プレートテクトニクスを中心に解説する。後半は、現代に至るまでの過程、日本列島の形成を中心とした地球の歴史や地震や火山などの表面活動について解説する。

授業計画

第1回 授業の進め方の説明 地球科学について 準備学習等 シラバスを読んでおくこと。
第2回 原始地球の形成 準備学習等 太陽系における地球の位置付きを調べておくこと
第3回 地球の内部構造の発見 準備学習等 地球の内部構造を調べておくこと
第4回 地球の海と大陸 準備学習等 地球上の海と大陸の分布を調べておくこと
第5回 大陸移動の発見 準備学習等 大陸移動説について調べておくこと
第6回 プレートテクトニクス その1:プレート境界 準備学習等 プレート境界の種類を調べておくこと。
第7回 プレートテクトニクス その2:プレートとマントルの関係 準備学習等 プレートとマントルとの関係を調べておくこと
第8回 地球の歴史と地質年代 準備学習等 地球の形成を復習しておくこと
第9回 日本列島の誕生 準備学習等 付加体について調べておくこと
第10回 地球表面の活動:地震活動 準備学習等 地震の分布について調べておくこと
第11回 地球表面の活動:火山活動 準備学習等 火山の分布について調べておくこと
第12回 地球の活動:マグマの発生 準備学習等 マグマ発生の仕組みについて調べておくこと
第13回 地球の活動:火山噴火 準備学習等 火山の噴火様式について調べておくこと
第14回 地球環境と自然災害について 準備学習等 自然災害について調べておくこと
第15回 授業のまとめ。期末試験。 準備学習等

成績評価

授業目標の1〜6の達成度で成績評価を行います。達成度の確認には小レポートと期末テストを用います。授業の内容を正しく理解し、自然災害や地球環境問題などに対して自分の考えをもつことができるかどうかを評価します。小レポート(40%),期末試験(60%)を評価の目安とします。