化学実験<Aクラス>(生命(理学)[分子])

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
化学実験<Aクラス>(生命(理学)[分子])
Laboratory Chemistry
A600430004 2 1 前期授業 理系基礎科目 FLCHE1943-J3 月4,月5 B3-201,B3-化学実験室,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 牧野 泰士・他

オフィスアワー

随時

授業目標

自然現象に対する関心を深め、化学的な思考力を高めることを目的として、10テーマの基礎的な化学実験を行う。実験結果から現象の本質を分子レベルで把握する力を育成する。

(達成目標)
・化学実験を安全に行うための基礎知識、化学物質の安全な取り扱いと廃棄方法、実験器具を適切に取り扱う技術を習得する。
・実験ノートを適切に記述し、論理的で説得力のある実験レポートを作成できるようになる。

教科書

「化学実験指導書」大阪府立大学高等教育推進機構

参考書

「第8版 実験を安全に行うために」(化学同人)
マッカーリ・サイモン 「物理化学」(東京化学同人)
ボルハルト・ショアー 「現代有機化学」(化学同人)
シュライバー・アトキンス 「無機化学」(東京化学同人)

関連科目

化学I, 化学II

授業時間外の学習(準備学習等について)

実験を安全かつ正確・迅速に行なうため、実験を開始する前に、その実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、重要な事項を実験ノートに記入する。併せて、使用する器具・試薬の危険性を十分に認識し、安全管理に努める。また、実験時に記入した実験ノートを基にして、実験の目的、概要、操作、経過、結果、結論、考察などをレポートにまとめ、次回の実験開始前にレポートを提出する。

授業の概要

安全指導や実験ノート・レポートの書き方、器具の取り扱いと洗浄・整頓、廃棄物の処理等の基礎事項を講義する。無機定性分析、吸着平衡、緩衝溶液、一次反応速度の測定、溶液の電気伝導率の測定、酸化還元滴定、キレート滴定、有機化合物の基礎的な反応、アセトアニリドの合成、Dumasの蒸気密度法による分子量測定、の10テーマの化学実験を行なう。実験ノートを適切に記述し、実験の原理と目的、方法、結果と考察等を適切に記述した実験レポートを作成して提出する。
なお、状況を見て変更することがあるので、第1回目の授業に必ず出席すること。

授業計画

第1回 ガイダンスと安全指導、実験ノートとレポートの書き方、器具の取り扱い 準備学習等 「化学実験指導書」を購入し、読んでおく。
第2回 分析・物理化学分野の実験テーマの講義(分野とテーマの順番は、班によって異なる) 準備学習等 前半の各実験テーマについて、「化学実験指導書」で予習をしておく。
第3回 無機定性分析 準備学習等 次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第4回 吸着平衡 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。また、次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第5回 緩衝溶液 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。また、次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第6回 一次反応速度の測定 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。また、次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第7回 溶液の電気伝導率の測定 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。また、次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第8回 有機・無機化学分野の実験テーマの講義(分野とテーマの順番は、班によって異なる) 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。また、後半の各実験テーマについて、「化学実験指導書」で予習をしておく。
第9回 酸化還元滴定 準備学習等 次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第10回 キレート滴定 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。また、次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第11回 有機化合物の基礎的な反応 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。また、次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第12回 アセトアニリドの合成 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。また、次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第13回 Dumasの蒸気密度法による分子量測定 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。また、次回の実験の目的、概要、必要な器具・試薬、実験操作について準備学習し、実験ノートに必要な事項を記入しておく。
第14回 分析・物理化学分野の実験結果の考察 準備学習等 実験ノートを基にしてレポートを作成する。
第15回 有機・無機化学分野の実験結果の考察 準備学習等 再提出を指示されたレポートについて、修正を加える。

成績評価

授業目標(達成目標)の到達度で成績評価を行う。合格(C以上)となるためには、実験内容(目的・理論・方法)を十分に理解して実験を安全に遂行することおよび実験ノートを正確に記入してレポートを作成・提出することが必要である。成績評価は、実験操作や実験ノートの記入などの受講状況の評価(30%)およびレポートの評価(70%)で行う。但し、状況を見て、他の方法で行う場合もある。

備考(実務経験の活用を含む)

本科目を受講するにあたっては、下記の3点を順守すること。
(1)第1回目の授業に必ず出席すること。なお、第1回目はB3棟201教室に集合すること。
(2)学生教育研究災害障害保険、大学生協の学生総合共済のいずれかに、実技を始める前に加入すること。
(3)実験室内では白衣と保護メガネ、名札を必ず着用すること。