動物病院業界の在り方について考える<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
動物病院業界の在り方について考える<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010050 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 木1 B3-305 野口 俊助

オフィスアワー

事前にメールにて時間の相談をしてください。

授業目標

日本における伴侶動物獣医療業界(動物病院業界)は、これまで独自の形態をとりながら発展してきた。人医療業界や欧米の獣医療業界とは大きく異なる点があり、賛否は分かれるところであるが、日本の動物病院業界の現状を知り、獣医師の卒後教育システムや動物病院への就職の在り方など動物病院を取り巻く環境の理想的な在り方を議論し、シミュレーションする。

教科書

なし

参考書

必要に応じて指示、又はプリントを配布

関連科目

獣医内科学や獣医外科学など臨床獣医学

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業後半では、各自グループ毎にテーマを一つ決め、それについてグループ毎に情報の収集、とりまとめ、考察を行います。課外時間にグループで活動する必要が出てくることがあります。

授業の概要

まず最初に日本の動物病院業界の典型例(伴侶動物獣医師を目指す獣医学生がどのように就職活動をし、就職した後どのようにキャリア形成をしていくかなど)を説明します。その後、各テーマ(医歯薬や欧米獣医業界)の現状をグループ毎にインターネットや各種資料を基に調査してもらい、日本の動物病院業界との違いを考察します。最後に、各グループが考える未来の動物病院業界の在り方をプレゼンテーションしてもらいます。この授業を通して、未知の情報を調査する能力、情報をまとめ他者に伝える能力を養います。

授業計画

第1回 日本の動物病院業界を取り巻く現状① 準備学習等
第2回 日本の動物病院業界を取り巻く現状② 準備学習等
第3回 日本の動物病院業界を取り巻く現状③ 準備学習等
第4回 日本の動物病院業界を取り巻く現状④ 準備学習等
第5回 グループごとのテーマを決め、調査に必要な資料を探す。 準備学習等
第6回 テーマに関して集めた情報をグループ内でまとめる① 準備学習等
第7回 テーマに関して集めた情報をグループ内でまとめる② 準備学習等
第8回 グループ毎の調査結果のプレゼンテーション① 準備学習等
第9回 グループ毎の調査結果のプレゼンテーション② 準備学習等
第10回 グループ毎の調査結果のプレゼンテーション③ 準備学習等
第11回 グループ毎の調査結果のプレゼンテーション④ 準備学習等
第12回 グループ毎の調査結果のプレゼンテーション⑤ 準備学習等
第13回 グループ毎の調査結果のプレゼンテーション⑥ 準備学習等
第14回 動物病院業界の未来の在り方を考える① 準備学習等
第15回 動物病院業界の未来の在り方を考える② 準備学習等

成績評価

レポート(30%)、プレゼンテーション(30%)、グループワーク(出席、態度を含む)(40%)とします。