抵抗の少ない船型を作る<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
抵抗の少ない船型を作る<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010005 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 水5 B3-307 坪郷 尚

オフィスアワー

月水木金曜日12:10-12:55、教員室はB4-E208

授業目標

本科目の授業目標は以下の5つとする。
(1) 学生が,多様な視点を積極的に取り入れ活用できること
(2) 学生が,積極的に知識・情報を収集できること
(3) 学生が,収集した知識・情報を活用して考えられること
(4) 学生が,得た情報や自分の考えを表現・発表できること
(5) 学生が,自分の考えを自分で再検討できること

教科書

適宜、資料を配付する。

参考書

特になし

関連科目

特になし

授業時間外の学習(準備学習等について)

調査対象に関する資料集め,プレゼンテーションの発表用資料作成などに授業時間外の学習が必要である。
授業の時間帯は全員が集まれるので,計画や作業分担などの話し合いや調査報告とそれについてのディスカッションに充てる。図書館の利用やインターネットを使った検索などは,なるべく時間外に行う。

授業の概要

与えられた制約条件の下で,抵抗が少ない模型船を作ることを考えます。1チーム3名程度のグループに分かれ,課題に関する知識・情報を収集します。チームごとに,抵抗を低減させるアイデアや船の形について調査・発表・ディスカッションを行い,最後に皆さんの知識やアイデアを結集した模型船(作品)を作成します。

授業計画

第1回 授業ガイダンス、チーム分け、図書館ツアー(後半45分) 準備学習等
第2回 「船の抵抗」について調べ、チーム内でディスカッションし、発表資料を作成する。(1) 準備学習等 「船の抵抗」について調べてくる。
第3回 「船の抵抗」について調べ、チーム内でディスカッションし、発表資料を作成する。
(2)
準備学習等 「船の抵抗」について調べてくる。
第4回 「船の抵抗について」各チーム10分の発表を行う。(知識の共有) 準備学習等 「船の抵抗」についての発表の準備。
(オンラインで発表できるかどうかのチェック)
第5回 新たな「キーワード」について調べ、チーム内でディスカッションし、発表資料を作成する。(1) 準備学習等 新たな「キーワード」について調べてくる。
第6回 新たな「キーワード」について調べ、チーム内でディスカッションし、発表資料を作成する。(2) 準備学習等 新たな「キーワード」について調べてくる。
第7回 新たな「キーワード」について各チーム10分の発表を行う。(知識の共有) 準備学習等 新たな「キーワード」についての発表の準備。
第8回 模型船の制約条件の提示、各種ツールの紹介 準備学習等
第9回 模型船作成のためのアイデアの検討(多様な視点からの検討)(1) 準備学習等 制約条件下でどのような船型が有利か考えてくる。
第10回 模型船作成のためのアイデアの検討(多様な視点からの検討)(2) 準備学習等 制約条件下でどのような船型が有利か考えてくる。
第11回 「我がチームの、抵抗の少ない模型船のコンセプト」について各チーム10分のプレゼンを行う。 準備学習等 「抵抗の少ない模型船のコンセプト」についての発表の準備。
第12回 模型船作成のためのアイデアの再検討、作品(模型船)の制作準備 準備学習等 発表時のディスカッションを踏まえた改善・再検討の準備
第13回 作品(模型船)の制作
レポート:「我がチームの、抵抗の少ない模型船について」の準備
準備学習等 模型船仕様の決定
第14回 作品(模型船)の完成
レポート:「我がチームの、抵抗の少ない模型船について」の提出
準備学習等 各チーム1部レポートの作成
第15回 作品の評定会:「我がチームの、抵抗の少ない模型船」について各チーム5分のプレゼンを行う(採点なし)。内容が「我がチームの、抵抗の少ない模型船のコンセプト」と被ってもよいが、前回発表時のディスカッションの結果、多様な視点を積極的に取り入れ、再検討したことが作品に盛り込めれば、さらに良い。 準備学習等 評定会の準備

成績評価

プレゼン(計3回)60%(=20+20+20)、レポート20%、作品20%、の割合でチーム全体を評価します。
チーム内ディスカッションや発表会における質疑応答は個人をプラスアルファで評価します。
作品20%については皆さんに評価してもらいます。

備考(実務経験の活用を含む)

基本、グループ単位(チーム)で活動しますが、グループ枠を超えて知識を共有し、クラス全体として良い作品(模型船)を作ることを目指しましょう。