Academic English IA<5組>(生命・理学)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
Academic English IA<5組>(生命・理学)
Academic English IA
A310010049 2 1 前期授業 外国語科目(英語) FLENG1501-J2 月2 B3-310,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 岸本 映子

オフィスアワー

月曜日。時間は相談する。

授業目標

科学、テクノロジー、環境、経済、文化、心理、医療、健康など様々な学問分野からの興味深いトピックを扱いながら、英語の4技能 (リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)を総合的に学びつつ、主として正確に英文の内容を読み取る力を養成することを目的とします。文章全体の構成、論理的な流れを把握する能力を養います。

教科書

Skills for Better Reading (advanced) 構造で読む英文エッセイ(上級編) 南雲堂 
ISBN:978-4-523-17773-9 C0082

参考書

『ロイヤル英文法』旺文社、『表現英文法』コスモピア

授業時間外の学習(準備学習等について)

この授業は復習重視である。授業で学んだ英語の構造、内容、語彙などを復習し、宿題として理解を定着させる。基本的に以下の7点の課題は毎時間自宅学習として行う。

1)各Unitの長文Bは宿題とする。内容を把握する。
2)Unitの各パラグラフの構造を把握する。
3)Unitの各パラグラフの意味内容を把握するする。
4)Unitの各パラグラフの役割、トピックセンテンスを考察し、全体構造を把握する。
5)Unitの長文Bにある3種類の設問を宿題として解答する。
6)うえの1)~5)については指定のワード文書に答えを打ち、提出(送信)する。
7) 前の授業で指定された語彙、英語表現の意味の定着を図る。(小テストの準備学習)。

授業の概要

授業の達成目標は、大学生としてふさわしいアカデミック英語の読解力の向上を目指す。特に各パラグラフの役割を把握することにより、全体の構造をつかむ力を高める。これは後期のⅡA 英作文の授業の基本となるものである。パラグラフ・ライティングの構造を考える。ここで学ぶパラグラフは4つの型に分類できる。:意見するサポート型、パラグラフ並列型、直線型、異質パラグラフ型

達成目標

1) 内容の全体の構造をとらえて読むことができる(論理的展開の把握)。
2) 各パラグラフの役割を的確にとらえることができる。
3) 英語を速く正確に読んで、内容理解できる(速読の力)。
4) 読解を通して語彙力を向上させる。
5) 内容を聴いて、理解できる。
6) 英語の内容を類推する力を向上させる。
7) 日本文化と英語圏文化のことはの表現方法の違いを認識する。

具体的な授業内容
1) 毎時間、前Unitで学習した語彙や英語表現の小テストを行う(8分程度)。
2) 前Unitの長文Bの設問(1,2,3)と和訳の答え合わせを行う。
3) 次のUnitの長文Aを パラグラフ毎に英語の役割と日本語訳を理解する。
4) 必要があれば文法事項の説明を行う。
積極的な授業への参加が望まれる。

授業計画

第1回 授業の方針と進め方(オリエンテーション)
パラグラフライティングの基礎構造
準備学習等 テキストを購入し持参すること。
特になし
第2回 Unit 1 Conclusion / Reasons
   A. Fuel-Only Corn
   B. Is the Right Brain More Important than
     the Left?
準備学習等 授業の進め方、小テスト、宿題の課題を確認する
第3回 Unit 2 Social Phenomenon
   A. "No Toilet, No bride" Campaign in India
B Macedonian Naming Dispute
準備学習等 Unit 1のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第4回 Unit 3 Result / Cause
A. Dreams Come True
B. Boys' Toys and Girls' Toys
準備学習等 Unit 2のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第5回 Unit 4 Several Explanations
A. Northern People Have Bigger Brains
B. Gold Fish Magic
準備学習等 Unit 3のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第6回 Unit 5 Comparison
A. Macau and Hong Kong
B. Comparison of Right of Succession in the U.K.
     and Japan
準備学習等 Unit 4のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第7回 Unit 6 For and Against
A. Should the Smallpox Virus be Kept?
B. Was Dropping the Atomic Bombs Right?
準備学習等 Unit 5のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第8回 Unit 7 Classification
A. Tea
B. Folk Tales
準備学習等 Unit 6のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第9回 Unit 8 History
A. History of Coffee
B. History of the Weekend
準備学習等 Unit 7のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第10回 Unit 9 Process
A. How to Play Kabaddi
B. How to select an American President
準備学習等 Unit 8のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第11回 Unit 10 Cause and Effect
A. Uganda: a Banana Republic
B. Detroit Bankruptcy
準備学習等 Unit 9のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第12回 Unit 11 Problem Solving
A. "Paradox"
B. Monty Hall Problem
準備学習等 Unit 10のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第13回 Unit 12 Definition of a New Word
A. "Galapagos Syndrome""
B. Rare Earth
準備学習等 Unit 11のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記。
第14回 Unit 13 Experiment
A. Rats also Have Sympathy
B. Indian DNA
準備学習等 Unit 12のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第15回 Unit 14 New Product
A. Blue Rose"
B. Coca-Cola
準備学習等 Unit 13のC長文BのC問題を解く。和訳、課題 1、2、3をして、送信。小テストの語彙の暗記
第16回 筆記試験 Unit 1~ Unit 14の範囲の試験
     リスニングテストも含む
 (事情により筆記試験の代替レポートの場合もある)
準備学習等 Unit 1~14の総復習

成績評価

以下の成績項目を算出して、総合的に成績の評価とする。
・平常点(小テスト、宿題、授業態度、発表、提出物など)(70%)、
・筆記試験(リスニングも含む)(30%)
授業態度:欠席、課題提出の遅刻、未提出、小テストの成績などを総合的に判断する。

備考(実務経験の活用を含む)

・5回以上の欠席は期末試験の資格を失う。
・遅刻3回は欠席1回に相当する。
・30分以上の遅刻は欠席扱いとする。
・欠席する場合は欠席届を提出すること。
・座席は指定された席に座る。

・オンライン授業の場合は別途、規則を設ける。