中国語中級DII(読解)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
中国語中級DII(読解)
Intermediate Chinese (for juniors and seniors) DII
A370080001 2 3 後期授業 外国語特別科目 FLCHN2A12-J2 水3 B3-317 清原 文代

オフィスアワー

火曜日3コマ目と水曜日4コマ目。対面の他、Teamsでオンラインになっています。音声通話(顔出し無し)テレビ会議(顔出し有り)チャット(文字のみ)、いずれでもOKです。
また、授業支援システムに設置しているアンケートフォーム(匿名で送信可)で授業に関する質問等を随時受け付けます。

授業目標

(1)1100語程度の語彙(中国語中級DIで学んだ700語を含む)を理解できる。
(2)辞書があれば、新聞や雑誌の記事の大意を理解することができる。

教科書

適宜プリントを配布します。

参考書

相原茂編著『中国語学習ハンドブック改訂版』(大修館書店 1996年)
相原茂・木村英樹・杉村博文・中川正之『中国語入門Q&A101新版』(大修館書店 2003年)
相原茂・木村英樹・杉村博文・中川正之『中国語学習Q&A101』(大修館書店 1991年)
相原茂・荒川清秀・喜多山幸子・玄宜青・佐藤進・楊凱栄『中国語教室Q&A101』(大修館書店 2000年)
木村英樹『中国語はじめの一歩〔新版〕』(ちくま学芸文庫 2017年)
相原茂・ 石田知子・戸沼市子『Why?にこたえるはじめての中国語の文法書<新訂版>』(同学社 2016年)
杉村博文『中国語文法教室』(大修館書店 1994年)
荒川清秀『一歩すすんだ中国語文法』(大修館書店 2003年)
三宅登之『中級中国語 読みとく文法』(白水社 2012年)
古川裕『チャイニーズ・プライマー(改訂版)』(東方書店 2001年)
相原茂・荒川清秀・大川完三郎・杉村博文編『中国語類義語のニュアンス』(東方書店 1995年)
呂叔湘主編、牛島徳次・菱沼透監訳『中国語文法用例辞典』(東方書店 2003年)
劉月華・潘文娱・故韡著、相原茂監訳『現代中国語文法総覧』上下(くろしお出版 1996年)
『中日辞典 第3版』(小学館 2016年)
『講談社中日辞典 第2版』(講談社 2002年)
『東方中国語辞典』(東方書店 2004年)
『白水社中国語辞典』http://cjjc.weblio.jp/category/cgkgj
『中日大辞典第三版』(大修館書店 2010年)
『现代汉语词典(第7版)』(商务印书馆 2016年)

関連科目

中国語中級DI(読解)
中国語中級CI(会話)
中国語中級CII(会話)

授業時間外の学習(準備学習等について)

・指定した範囲を辞書をよくひいて予習してください。
・担当分の日本語訳を、指定する日時までに授業支援システムの指定する場所に書き込んでください。

授業の概要

主に以下の3つの素材を用いて、中国語の書面語(書き言葉)を辞書を引いて読解し、日本語に訳していきます。
また、中国語による朗読の訓練も行います。
・日本文化をテーマにした中国語雑誌
・中国のドキュメンタリー番組のナレーション
・中国語をテーマにした雑誌に掲載された記事

授業計画

第1回 【第1回】9月29日
シラバスの説明
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
日本文化を中国語で紹介する雑誌『知日』を見て、担当する号を決める。
準備学習等
第2回 【第2回】10月6日
中国語をテーマにした雑誌『咬文嚼字』の記事を精読する。
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
日本文化を中国語で紹介する雑誌『知日』の記事を要約する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第3回 【第3回】10月13日
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
中国語をテーマにした雑誌『咬文嚼字』の記事を精読する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第4回 【第4回】10月20日
中国語をテーマにした雑誌『咬文嚼字』の記事を精読する。
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
日本文化を中国語で紹介する雑誌『知日』の記事を要約する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第5回 【第5回】10月27日
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
中国語をテーマにした雑誌『咬文嚼字』の記事を精読する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第6回 【第6回】11月10日
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
日本文化を中国語で紹介する雑誌『知日』の記事を要約する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第7回 【第7回】11月17日
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
中国語をテーマにした雑誌『咬文嚼字』の記事を精読する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第8回 【第8回】11月24日
中間試験
これまでのふりかえり
準備学習等 中間試験に向けてよく復習してください。
第9回 【第9回】12月1日
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
日本文化を中国語で紹介する雑誌『知日』の記事を要約する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第10回 【第10回】12月8日
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
中国語をテーマにした雑誌『咬文嚼字』の記事を精読する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第11回 【第11回】12月15日
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
日本文化を中国語で紹介する雑誌『知日』の記事を要約する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第12回 【第12回】12月22日
CCTVのドキュメンタリー『舌尖上的中国』のナレーション字幕の一部を日本語に訳し、中国語で朗読する。
中国語をテーマにした雑誌『咬文嚼字』の記事を精読する。
準備学習等 指定する文章を日本語に訳してください。
指定する文章を朗読できるようにpinyinを調べてください。
第13回 【第13回】1月12日
朗読テストの練習
準備学習等 朗読テストに向けてよく練習してください。
第14回 【第14回】1月19日
朗読テスト
期末試験に向けての復習
準備学習等 朗読テストに向けてよく練習してください。
第15回 【第15回】1月26日
期末試験
準備学習等 期末試験に向けてよく復習してください。
第16回 【第16回】2月2日
期末試験の解説
準備学習等

成績評価

授業目標の達成度で成績評価を行います。
単位を取得するためには下記のレベル以上の能力が必要です。
中間試験及び期末試験で出題される文章について、辞書があればその6割以上を正確で自然な日本語に翻訳できること。
成績を評価する方法は以下の通りです。
授業中の課題 40%
中国語の朗読テスト 10%
中間試験 10%
期末試験 40%

備考(実務経験の活用を含む)

・この授業は原則として1年次に週2回、2年次に週1回または週2回中国語を受講し、更に中国語中級CIを受講済みの人を対象とします。
・中国語を第一言語(母語)とする人は、この授業を履修できません。
・この授業では辞書を毎回辞書を持ってきて下さい。紙の辞書でも電子辞書でもスマートフォンにインストールする辞書アプリでもかまいません。
・この授業では授業資料の配布や課題の提出などに授業支援システムを使用します。
・オフィスアワー(オンライン)、及び授業支援システムのバックアップのために、Teamsというコミュニケーションツールを使用します。
・授業にはスマートフォンとイヤホンを持ってきてください。自分用のノートパソコンを持っている人はノートパソコンとイヤホンでもかまいません。