朝鮮語入門A(基礎)<B組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
朝鮮語入門A(基礎)<B組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)
Introductory Korean A
A350010002 2 1 前期授業 外国語科目(初修外国語) FLKOR1635-J2 水1 B3-301 許 聖一

オフィスアワー

月曜日 B3棟-214 12:40~16:10

授業目標

1.正確なハングル文字の表記及び発音を習得する。
2.名詞文、存在文、用言文、丁寧語を習得する。
3.語彙150語を用いた簡単な挨拶や自己紹介などの基本文型を習得する。
4.基本文型や言い回しを理解し、ゆっくりとであれば簡単なやりとりができる。

教科書

『ワンステップ韓国語 文法編 文字からはじめて中級を目指すあなたへ』 河正一著、朝日出版社
参考書は買う必要はない。また、辞書も教科書の巻末に索引があるのでも初級の段階では無理に買う必要はない。

参考書

『ことばと文化の日韓比較ー相互理解をめざして』斉藤明美著、世界思想社。
『箸とチョッカラーことばと文化の日韓比較』任栄哲著 大修館書店。
『暮らしの韓国語単語8800』今井久美雄著、語研。 
『韓国語似ている動詞』河村光雅 他著、ペレ出版。

授業時間外の学習(準備学習等について)

ハングルを読む練習を行う事。各単位ごと確認テストを行うので、初歩の段階では書いて、発音する訓練をプリントを配布しながら、行う。

授業の概要

初めて朝鮮語を勉強する学生を対象とした週2回コースの授業のうち、文法を中心とした授業である。
朝鮮語の文字であるハングルを覚え、正確な表記及び発音を習得する。その上、名詞文、存在文、用言文、丁寧語などを学び、簡単な挨拶や自己紹介などの基本文型を習得する。具体的には、語彙を150個程度、覚えることにより、挨拶、自己紹介、場所を尋ねる、買い物をするなどといった表現を理解することを目指す。

授業計画

第1回 文字編:第1課 韓国・朝鮮語の特徴、基本母音 準備学習等 テキストを用意し、2頁~5頁を読んでくる。
韓国語のノートを用意すること。
第2回 文字編:第2課
基本子音:平音・激音・濃音
準備学習等 6頁~11頁を読んでくる。
第3回 文字編:第3課:複合母音 準備学習等 12頁~15頁を読んでくる。
第4回 文字編:第4課 終声(パッチム) 準備学習等 16頁~19頁を読んでくる。
第5回 文字編:第5課 発音の変化 準備学習等 20頁~27頁を読んでくる
第6回 文字編:まとめ 日本語のハングル表記 ハングル入力(メール) 準備学習等 28頁~30頁を読んでくる。
第7回 文法編:第1課 挨拶をする입니다 助詞 는/은 助詞 도

라고/이라고 합니다
準備学習等 32頁~35頁を読んでくる。
第8回 文法編:第1 課 挨拶をする
    作文練習 挨拶をする
準備学習等 32頁~37頁を読んでくる。
第9回 文法編:第2課 状況を説明する
    합니다体、助詞를 을
準備学習等 38頁~41頁を読んでくる。
第10回 文法編:第2課 状況を説明する
 助詞에서 助詞에位置 否定形 지 않다
    作文練習
準備学習等 42頁~46頁を読んでくる。
第11回 文法編:第3課 買い物をする。 
    指示語、助詞가/이 助詞와/이
準備学習等 46頁~49頁を読んでくる。
第12回 文法編:第3課 買い物をする。
     漢数詞、가/이 아니다
準備学習等 50頁~53頁を読んでくる。
第13回 文法編:第4課 予定を述べる
    固有数詞、助詞에 時間.方向
準備学習等 54頁~57頁を読んでくる。
第14回 文法編:第4課 予定を述べる
    助詞에서/부터 ~까지 否定形 안
를/을 좋아합니다
準備学習等 58頁~61頁を読んでくる。
第15回 総まとめ 準備学習等 前期の学習内容の定着のために、復習及び作文。
第16回 期末試験 準備学習等

必ず予習・復習を行う事。

小テストを行う。

質問は遠慮せず行って下さい。

成績評価

教科書に出ているハングルが読め、文法説明ができ、重要な文法事項を活用できる事。
また、出席及び小テスト(30%)+期末試験(70%)総合達成度で評価する。

備考(実務経験の活用を含む)

教科書に載っている単語を全部覚える必要はない。プリントで理解して欲しい単語を配るので、それを用いて練習して下さい。