ウイルスについて知る・考える・話す<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
ウイルスについて知る・考える・話す<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010035 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 木2 B3-107 望月 知史

オフィスアワー

水曜日12:15-12:45 B11棟421号室

授業目標

本講義の目標は、調べたい事柄(テーマ)を自身で考える習慣を身ににつけること、そのテーマに関する情報を調べるサーベイ能力を身につけること、様々な情報に対して疑問を持つ習慣を身ににつけること、調べたことおよび自身の考えについて分かり易い発表ができること、発表の場におけるオーディエンスとしての能力を身につけることです。これらを通して、大学における能動的な学びへの転換を目指します。

教科書

なし

参考書

ウイルスに関する書籍(準備します)

関連科目

特に設定しない

授業時間外の学習(準備学習等について)

個々人の調べ物やプレゼン作成などは基本的には時間外に行い、講義時間ではできる限りディスカッションや発表に当てたいと思います。

授業の概要

本講義では、「ウイルス」に関する書籍の中から自身が興味のあるテーマを選び、そのテーマについて発表することにより、調査能力とプレゼンテーション技術を身につけます。具体的には、書籍(一章分程度を想定)に書かれている内容について熟読し、必要があれば論文やネットでその詳細を調べ、内容を分かり易く説明します。さらに、興味を持った点や疑問に思った点など自身の意見も発表します。興味のある事柄について調べ、考察し、まとめ、そして、発表する一連の過程をとおして、大学における学びに必要な素養を身につけます。
発表前にプレゼン内容や質について意見交換を行う少人数グループディスカッションを設けます。また、発表では必ず一つ質問して貰います。これにより「意見を言う習慣」を身につけます。
テーマ選択やプレゼンテーションの反省点を活かすために、テーマ選択と発表は二回行います。

授業計画

第1回 ガイダンス。ウイルスに関する基本的な知識の説明。図書館ツアー。 準備学習等
第2回 テーマの選択1:ウイルスに関する書籍の中から興味のあるテーマを決める。 準備学習等
第3回 選択したテーマの発表1:自身が選んだテーマと選んだ理由をプレゼンする。 準備学習等
第4回 グループディスカッション:3人×5班に分けて、互いのプレゼンについて意見交換を行う。 準備学習等
第5回 グループディスカッション:3人×5班に分けて、互いのプレゼンについて意見交換を行う。 準備学習等
第6回 プレゼン発表1-1:選んだテーマについて、内容、疑問点、考えたことなどを発表し、その発表に対して質疑応答を行う(5人)。 準備学習等
第7回 プレゼン発表1-2:選んだテーマについて、内容、疑問点、考えたことなどを発表し、その発表に対して質疑応答を行う(5人)。 準備学習等
第8回 プレゼン発表1-3:選んだテーマについて、内容、疑問点、考えたことなどを発表し、その発表に対して質疑応答を行う(5人)。 準備学習等
第9回 テーマの選択2:ウイルスに関する書籍の中から興味のあるテーマを決める。 準備学習等
第10回 グループディスカッション:3人×5班に分けて、互いのプレゼンについて意見交換を行う。 準備学習等
第11回 グループディスカッション:3人×5班に分けて、互いのプレゼンについて意見交換を行う。 準備学習等
第12回 プレゼン発表2-1:選んだテーマについて、内容、疑問点、考えたことなどを発表し、その発表に対して質疑応答を行う(5人)。 準備学習等
第13回 プレゼン発表2-2:選んだテーマについて、内容、疑問点、考えたことなどを発表し、その発表に対して質疑応答を行う(5人)。 準備学習等
第14回 プレゼン発表2-3:選んだテーマについて、内容、疑問点、考えたことなどを発表し、その発表に対して質疑応答を行う(5人)。 準備学習等
第15回 まとめ 準備学習等

成績評価

授業への積極的な参加度(30%)、プレゼンテーションの内容(40%)、発表および質疑応答(30%)により、授業目標の達成度を評価する。期末試験は実施しない。評価C(合格)となるためには、講義に出席(70%以上)したうえで、全ての発表を行うことが必要である。

備考(実務経験の活用を含む)

スケジュールは柔軟に考えており、変更される可能性があります。