身の回りの化学物質について知るー医・農薬、食品、香粧品など<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
身の回りの化学物質について知るー医・農薬、食品、香粧品など<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010030 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 水5 B3-108 谷森 紳治

オフィスアワー

水曜日12:10〜12:40

授業目標

本ゼミナールでは、身の回りに存在する化学物質に目を向けたいと思います。主に生命科学分野に関わる有機化合物に注目します。例えば、医薬品、農薬、香料、化粧品の有効成分、機能性食品の機能性成分、食品添加剤、トイレタリー用品(シャンプー、洗剤、芳香剤などの)に含まれる機能性成分などがそうです。これらの化合物がなぜそういった生物機能性を持つのか、どのように開発されてきたのか、安全性はどうかなどについて考えてみたいと思います。

授業目標
身の回りに存在する化学物質について、科学的観点からその機能や安全性を正しく評価でき、説明できる能力を身につけます。

試験・成績評価
①プレゼン、レポートの内容60% ②出席状況20% ③授業目標の達成度20%
以上、3点から評価します。

教科書

なし

参考書

新版 農薬の科学 宮川 恒, 田村 廣人他 編著 朝倉書店
分子レベルで見た薬の働き : なぜ効くのか? どのように病気を治すのか? 平山令明著, 講談社
香料化学入門 /渡辺昭次著 培風館
新化粧品学 第2版 光井 武夫 編 南山堂
食品の機能化学 宮澤/陽夫、五十嵐/脩著 アイケイコーポレーション
社会のなかに潜む毒物 Anthony T.Tu (著) 東京化学同人
化学・生物兵器概論―基礎知識、生体作用、治療と政策 Anthony T.Tu、井上 尚英 (著) じほう

関連科目

生命機能化学概論、応用生命科学概論

授業時間外の学習(準備学習等について)

参考書等を参考にして、授業の予習をしてください。

授業の概要

医薬、農薬、香料、食品機能性成分・添加物、化粧品有効成分、トイレタリー用品の機能性成分、麻薬・覚醒剤、毒物・劇物、化学兵器などについて、これらの主要機能性成分である化学物質が、どのようにして開発され、機能を発揮するかを焦点に講義することで、化学成分の構造と機能についての理解を深める。さらに前半と後半各1回づつ、ショートプレゼンにより、各自興味を持った化学物質について、これらの開発の経緯や安全性、機能性などについてプレゼンの機会を持つことを予定している。

授業計画

第1回 オリエンテーション
第1回目 医薬品について
医薬品の種類、作用の仕組み、構造などについて学ぶ。
準備学習等
第2回 第2回目 農薬について
農薬の種類、作用の仕組み、選択性(なぜ人畜無害なのか?)、構造などについて学ぶ。
準備学習等 各自、関心のあるテーマを事前にグループで効率的に話し合いが行える準備をする。
第3回 第3回目 香料について
香料の種類、香りの分類、化学構造と香りの関係、応用などについて学ぶ。
準備学習等 PCで文献検索できる知識を身につける。
PCのスキルを養う。
第4回 第4回目 化粧品有効成分について
機能性成分の種類、作用の仕組み、化学構造などについて学ぶ。
準備学習等 PCのスキルを養う。
第5回 第5回目 食品機能性成分について
食品に含まれる機能性成分の化学構造と作用などについて学ぶ。
準備学習等
第6回 第6回目 食品添加物について
食品に用いられる添加物について、その構造と機能性、安全性などについて学ぶ。
準備学習等
第7回 第7回目 第1回ショートプレゼン 興味を持った化学物質についてプレゼンしてもらいます。 準備学習等 統計解析ソフト(SPSS)で分散分析を行う方法を理解する。
第8回 第8回目 麻薬・覚醒剤について
麻薬・覚醒剤の種類、分類、構造、作用、危険性などについて学ぶ。
準備学習等
第9回 第9回目 化学兵器について
化学兵器について、その種類、使われる化学物質の構造や作用などについて学ぶ。
準備学習等
第10回 第10回目 天然物について
特に、生物間交信物質について(フェロモン、アレロパシー、ファイトケミカル、)について、化学構造や作用を学ぶ。
準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第11回 第11回目 色素・蛍光物質について
色素・蛍光物質の特性、化学構造、応用分野などについて学ぶ。
準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第12回 第12回目 毒物・劇物について
毒物劇物の定義、化学構造、作用メカニズム、危険性などについて学ぶ。
準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第13回 第12回目 その他の身の回りの化学物質について取り上げる。 準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第14回 第14回目 第2回ショートプレゼン(1) 興味を持った化学物質についてプレゼンしてもらいます。 準備学習等 各個人の情報集力、解析、プレゼンテーションのスキルを総合的に高める。
第15回 第15回目 第2回ショートプレゼン(2) 興味を持った化学物質についてプレゼンしてもらいます。 準備学習等

成績評価

①プレゼン・レポートの内容
②授業目標の達成度
③出席状況
以上、3点から評価します。