フランス語初級A(基礎)<C組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
フランス語初級A(基礎)<C組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)
Basic French A
A330020003 2 1 後期授業 外国語科目(初修外国語) FLFRE1612-J2 水1 B3-305 谷 百合子

オフィスアワー

メールにて対応

授業目標

週2コマ、8単位コース履修者向けに開講する。
前期に引き続き、フランス語の基本的なきまりを理解し、書く、読む、聞く、話す、をバランスよく学ぶことで、フランス語を使った様々な形態でのコミュニケーション能力をつける。
開講年度内にフランス語検定5級、通年受講後にフランス語検定4級にチャレンジできるレベルを目指す。

教科書

Soyons actifs!1 アクティヴ!1 今中舞衣子 中條健志 著 白水社 ISBN978-4-560-06135-0

関連科目

フランス語初級B(会話)

授業時間外の学習(準備学習等について)

前期に学んだことを夏休みの間にしっかりと復習し、自分の出来ること、課題を意識しながら、より深い学習を目指しましょう。
後期は前期の学習サイクルを維持しながら、フランス語やフランス語圏、自分自身の興味あることなどについて調べたりすることで自分とフランス語をより身近なものにして、フランス語学習へのモチベーションを上げていきましょう。

授業の概要

前期の授業の流れと基本的には同じです。
学習がすすみ、既習事項が増えると、わからないところを放置しがちですが、後期も引き続き進度はゆっくりなので、授業内では積極的に問題解決しながら、基本的なフランス語が、書く・読む・聞く・話す、の多様な言語運用能力においてバランスよく定着するよう目指しましょう。

授業計画

第1回 一日の行動について話す 準備学習等 代名動詞
第2回 日常の習慣について話す 準備学習等 曜日・頻度を表す表現・交通手段
第3回 時刻を言う 準備学習等 時刻の表現
第4回 過去の行為や出来事についてやりとりする(1) 準備学習等 時を表す表現(今日・昨日・明日)
第5回 過去の行為や出来事についてやりとりする(2) 準備学習等 日付・月の表現
第6回 過去の行為や出来事についてやりとりする(3) 準備学習等 季節を表す表現
第7回 まとめ 準備学習等 これまでの復習
第8回 過去の習慣・状況・気持ちについてやりとりする(1) 準備学習等 性格・容姿
第9回 過去の習慣・状況・気持ちについてやりとりする(2) 準備学習等 感想・体調についての表現
第10回 国・地域を比較する 準備学習等 国名
第11回 天気についてやりとりする 準備学習等 天候の表現
第12回 今後の予定について話す 準備学習等 時を表す表現・季節を表す表現
第13回 将来のことについて話す 準備学習等 職業名
第14回 身近な人にインタビューする 準備学習等 疑問詞の意味
第15回 まとめ 準備学習等 これまでの復習
第16回 定期試験 準備学習等

成績評価

授業目標(次の①~③)の達成度で成績評価を行う。
①授業内で取り上げられたきまりを理解し、使うことができる。(課題で評価する)
②きまりを理解した上で、それらを用いて文章を書くことができる。(課題で評価する)
③きまりが身に付いており、応用できる。(定期試験で評価する)
合格となるためには、以上の3点を達成することが求められる。評価に占める割合は、課題 60%、定期試験 40%である。

備考(実務経験の活用を含む)

履修のルールについて詳しくは「授業科目ガイド/履修上の注意」を見て下さい。授業開始前日までに履修申請を終えておくこと。