フランス語初級A(基礎)<B組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
フランス語初級A(基礎)<B組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)
Basic French A
A330020002 2 1 後期授業 外国語科目(初修外国語) FLFRE1612-J2 月3 B3-305 大山 大樹

オフィスアワー

メールにて対応

授業目標

週2コマ、8単位コース履修者向けに開講する。
前期授業に続き、フランス語によるコミュニケーションの基礎を学習する。特に「読み、書く」能力の修得を目指す。
学習内容を身に付ければ、実用フランス語技能検定試験の5級合格が期待できる。

教科書

『アクティブ!1/Soyons actifs!1』今中舞衣子・中條健志著,白水社

参考書

辞典:『プチ・ロワイヤル仏和辞典』『クラウン仏和辞典』など。電子辞書版も可。

授業時間外の学習(準備学習等について)

・音声や映像をつかって、教科書の本文と単語を発音できるようにする。
・練習問題で、学んだフレーズや文法の理解を深める。

授業の概要

基本的な文法や表現を理解し、フランス語で表現できることを少しずつ増やしていきます。日常でよく使われる語彙を中心に、他者とより良いコミュニケーションをとるためのフランス語を学びます。また、フランス語圏の音楽を聞いたり、映像を見るなど、文化への理解も深めます。

授業計画

第1回 前期授業の復習 準備学習等
第2回 一日の行動について話す 準備学習等
第3回 日常の習慣について話す 準備学習等
第4回 過去の行為について話す 準備学習等
第5回 過去の出来事について話す 準備学習等
第6回 2回~5回のふりかえり 準備学習等
第7回 過去の習慣について話す 準備学習等
第8回 過去の状況や気持ちについて話す 準備学習等
第9回 比較することができる 準備学習等
第10回 天気についてやりとりできる 準備学習等
第11回 7回~10回のふりかえり 準備学習等
第12回 今後の予定について話す 準備学習等
第13回 未来のことについて話す 準備学習等
第14回 身近な人にインタビューできる 準備学習等
第15回 順序立てて話すことができる 準備学習等
第16回 定期試験 準備学習等

成績評価

授業目標(達成目標)の①~④の達成度で評価を行います。

単位を取得するためには、以下の4点を達成することが求められます。
①過去や未来のことについて、やりとりができる
②順序立てて情報を伝えることができる
③教科書の本文、および類似の文章を理解することができる。
④自分のことを簡単なフランス語で書くことができる。

評価に占める割合は、2回のふりかえりテスト60%、学期末試験40%です。

備考(実務経験の活用を含む)

履修のルールについて詳しくは「授業科目ガイド/履修上の注意」を見て下さい。