ドイツ語入門II<D組>(現シス(知識・マネ・学域)・生命(理学)地域(看護・総リハ))

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
ドイツ語入門II<D組>(現シス(知識・マネ・学域)・生命(理学)地域(看護・総リハ))
Introductory German II
A320060003 2 1 後期授業 初修外国語(ドイツ語) FLGER1606-J2 水2 B3-306 鈴木 啓峻

オフィスアワー

質問などは、授業後に教室で受け付けます。

授業目標

「ドイツ語入門Ⅰ」に続き、内容を発展させます。「入門Ⅱ」では過去へと範囲が広がります。辞書を手引きに社会のニュースを理解し、自分の身のまわりに起こったことをドイツ語で言えるようにします。「ドイツ語入門Ⅰ」と「入門Ⅱ」を履修して、「ドイツ語中級」へ進むことができます。そのため「入門Ⅱ」の終了時点で基本的なドイツ語の文法知識はひととおり学びおえることが目標です。総合的な能力としてはドイツ語検定5級程度が目標です。

教科書

林久博・鶴田涼子『インタラクツィオーン』(Interaktion. Deutsch miteinander)白水社、2019年。
ISBN978-4-560-06426-9

参考書

『アポロン独和辞典』その他。辞書や参考書については初めの授業でガイダンスします。

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業外学習については復習を中心に取り組むこと。既に習得した知識で可能な範囲で予習を求めることがある。

授業の概要

毎回の授業では基本的に、教科書の各課に沿って、

①文法
②文法練習問題
③短い読み物
④ドイツ語作文
⑤パートナーとの会話練習

の順で進めてゆく予定である。
ただし①〜⑤のすべての項目において発音練習を重視し、必要に応じて視聴覚資料を用いることもある。

成績評価

○出席・宿題提出などの平常点:50%
○期末試験:50%

備考(実務経験の活用を含む)

※週1コマ、4単位コース履修者向けに開講します。
ドイツ語を第1言語(母語)とする人はこの科目を受講できません。