知識情報システム学特別演習A

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
知識情報システム学特別演習A
Special Seminar in Knowledge and Information Systems A
Q131390005 2 1 前期授業 専門科目 HSKIS7401-J5 割外 - 菅野 正嗣

オフィスアワー

火 12:10-12:55

授業目標

博士後期課程1年次においては、博士論文執筆に向け、俯瞰的な大局観を身に付けることによって、博士論文として取り組む課題を自立的に発見する能力を修得させる。また、研究成果を応用し新たなシステムを設計できるシステムデザイン能力や、それを活用することで現代的諸問題を解決することができるシステムマネジメント能力を養う。具体的には以下を達成できることを目標とする。
1. 新しい問題を発見して解決できる。
2. 自立的に科学的、合理的で明確なテーマ設定ができる。
3. 先行研究における欠落や不在を指摘し、さらには新しい知見を示すことができるようにする。
4. 自らの研究成果を論理性と実証性をもって展開し、説得的に表現することができる。

教科書

特に用いない

参考書

特に用いない

授業時間外の学習(準備学習等について)

各自のテーマに応じて準備を行う。

授業の概要

各自の選んだテーマに関する調査、討論、実験等を通じて得られた成果を報告するとともに、学会発表等を通じて、自らの研究成果を広く社会に対して説明・提示することを通して、研究を深める。

授業計画

指導教員が学生のテーマ、研究計画に従い適宜指導する。

成績評価

授業目標(達成目標)の1~4の達成度で成績評価を行う。C(合格)となるためには、これらの点で基本的なレベルに到達することが必要となる。成績を評価する手段としては、日頃の学習姿勢、発表内容ならびにレポートなどから判断する。