環境政策学特論

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
環境政策学特論
Special Topics in Environmental Policy
Q122070001 2 1 前期授業 専門科目 HSSUD6605-J1 水2 A15-427,オンライン(中百舌鳥キャンパス) 遠藤 崇浩

オフィスアワー

特に設けない。事前連絡を基に適宜対応する。

授業目標

本講義では受講生に以下の能力を全て身に着けさせることを目標とする。
①環境政策に関する学術論文読解能力
②学術論文の理解に基づく口頭報告能力
③環境政策の理論の裏付けをもって現実の環境問題の構造を把握できる能力
講義では学術論文の輪読および相互討論によって上記能力の育成を図る。

教科書

適宜指示する。

参考書

適宜指示する。

関連科目

環境政策学、応用環境政策学

授業時間外の学習(準備学習等について)

履修者は環境政策に関する日本語および英語課題文献を読み、報告用のスライドを作成することが求められる。さらに参加型授業の際には積極的な発言が求められる。場合によっては講義の内容をまとめたようやくレポートの提出を求めることがある。

授業の概要

環境政策に関連する研究書、研究論文を輪読し討論を行う。

授業計画

受講者は毎回課題文献を事前に読み、パワーポイントを使った要旨説明を行う。他の受講者はその要旨説明を聞いたうえで相互討論を行う。

成績評価

上記授業目標(達成目標)の達成度で成績評価を行う。単位を取得するためには、

・授業で取り上げた環境政策上の話題について概説ができること。

・授業で取り上げた環境政策上の話題について適切な口頭報告ができること。

成績は授業への積極的な参加、指定文献の内容をまとめたパワーポイントを総合的に判断して評価する。