認知心理学特論

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
認知心理学特論
Special Topics in Cognitive Psychology
Q121120001 2 1 前期授業 専門科目 HSSPE6622-J1 月1 A15-324 牧岡 省吾

オフィスアワー

月曜12:55-13:25

授業目標

認知心理学と神経科学の発展によって得られた知見を総合して、人間が環境を認知し、環境と相互作用する過程について専門的な知識を修得させる。また、先端的研究を適宜紹介することにより、現代の認知心理学の研究手法について理解させる。
具体的には、以下の能力を身につけることを達成目標とする。

1.ヒトの視覚系の基本的な仕組みについて説明できること。
2.色、形、奥行きなどの基本的属性の知覚や注意などの高次視覚過程について説明できること。
3.聴覚、体性感覚、運動制御の基本的な仕組みについて説明できること。
4.脳機能の測定など神経科学の方法論の基礎について説明できること。

教科書

なし

参考書

授業中に随時紹介する。

関連科目

認知科学特論

授業時間外の学習(準備学習等について)

毎回の授業で指定した課題について、実施、提出すること。

授業の概要

授業計画に記載する項目について受講者が事前に調べてきた内容を発表し、それに関する説明を教員が随時加えていく形式で授業を進める。

授業計画

第1回 イントロダクション 準備学習等
第2回 脳機能の測定 準備学習等
第3回 分子生物学の基礎 準備学習等
第4回 進化 準備学習等
第5回 心と遺伝 準備学習等
第6回 記憶 準備学習等
第7回 色の知覚 準備学習等
第8回 形の認知 準備学習等
第9回 立体視 準備学習等
第10回 注意 準備学習等
第11回 アフォーダンスとミラーニューロン 準備学習等
第12回 音の大きさと高さの知覚 準備学習等
第13回 言語音の認知 準備学習等
第14回 意識的処理と無意識的処理 準備学習等
第15回 共感覚 準備学習等

成績評価

授業目標(達成目標)の1〜4の達成度で成績評価を行う。単位を取得するためには、

・ヒトの視覚系の基本的な仕組みについて、基本的な事項を説明できること。
・色、形、奥行きなどの基本的属性の知覚や注意などの高次視覚過程について、基本的な事項を説明できること。
・聴覚、体性感覚、運動制御の基本的な仕組みについて、基本的な事項を説明できること。
・脳機能の測定など神経科学の方法論の基礎について、基本的な事項を説明できること。

上記の4点を達成することが求められる。成績を評価する手段として、授業での発表と、質問など授業への貢献を用いる。成績評価に用いる割合は、発表が70%、授業への貢献が30%である。