現代倫理学特論1

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
現代倫理学特論1
Special Topics in Contemporary Ethics 1
Q120690001 2 1 前期授業 専門科目 割外 オンライン(中百舌鳥キャンパス),A15-209(研究室) 酒井 隆史

授業目標

現代の倫理的な諸問題に関する学習と議論を行なう。その基礎的素養を鍛えるために、哲学倫理学の古典をテキストに用い、全員で講読しながらディスカッションを行なう。テキストは授業にて指示する。

本年度は、カール・マルクス『経済哲学草稿』を日本語で読む。テキストは光文社新訳文庫のものを使用し、適宜、岩波文庫版、英語版、ドイツ語版を参照する。テキストは各自、購入すること。

教科書

マルクス『経済学・哲学草稿』光文社新訳文庫

参考書

なし

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業中指示した関連文献の読解。

授業の概要

・(1回目)オリエンテーション、(2回目~15回目)テキストの講読と議論

成績評価

「授業内容に関する知識の修得、拡大・深化のレベルを、日頃の学習姿勢、発表内容ならびにレポートなどから判断して、次の5段階で評価する。特段に優れたレベルである(A+)、優れたレベルである(A)、 ふつうのレベルである(B)、ふつうには及ばないレベルである(C)、この科目で求めるレベルに達していない(D)。 」