言語情報学特論1A

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
言語情報学特論1A
Special Topics in Linguistic Informatics 1A
Q120290001 2 1 前期授業 専門科目 月3 A15-405(研究室) 宮畑 一範

オフィスアワー

火3コマ(その他の曜日・時間帯はメールでアポ可)
研究室:A15棟405

授業目標

認知言語学の分野の英語文献の精読と解説(講義)を踏まえ、主要な概念と代表的な理論の理解を深めます。また、研究の最先端の動向についての知識を身につけつつ、批判的に検討し、さまざまな言語事象を認知的観点から適切に分析・考察できる能力を養います。

教科書

プリントで配布します。

参考書

授業中に適宜指示します。

関連科目

グローバル言語学特論A

授業時間外の学習(準備学習等について)

テキストを正確に理解した上で、関連するトピックのディスカッションに自在に対応できるよう、身の回りの具体的な言語事象にも注意を払っておいて下さい。

授業の概要

テキストの精読と関連内容の講義、および関連トピックのディスカッションを中心に行います。

授業計画

第1回:授業のガイダンスとイントロダクション
第2~14回:テキストの精読と関連内容の講義、および関連トピックのディスカッション
第15回:総括

成績評価

日々の取り組み 50%
期末レポート  50%
合格(C)となるためには、以下の達成が求められます。
・文献の英語が正確に読めること
・専門的観点からその内容が十分に理解できること
・関連する専門的知識を十分に身につけること
 これらを踏まえて、
・その内容を批判的に検討できること
・関連する言語事象について論理的な考察・記述が行えること