看護理論開発方法論

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
看護理論開発方法論
Method of Nursing Theory Development
P630080001 1 1 後期集中 専門科目 NNNUR7606-J2 割外 羽曳野教室(仮) 中山 美由紀・他

オフィスアワー

随時学生の相談に応じる。

授業目標

看護現象に関する理論開発の演繹的な方法である概念分析や関係性の記述文の分析・統合について理解し、研究の基盤となる理論構築の能力を養う。

1.自分の研究テーマに関連した概念を選定し、概念分析ができる。
2.演繹的な方法により、研究論文から関係性の記述文を導き、科学的な理論またはモデルを構築できる。

教科書

・中木高夫、川崎修一訳(2008):看護における理論構築の方法.医学書院
・Walker,L.O.&Avant,K.C.(2018):Strategies for theory construction in nursing(6th ed),
Prentice Hall
・太田喜久子、筒井真優美(2008):フォーセット看護理論分析と評価

参考書

・Meleis,A.I.(2018):Theoretical Nursing;Development & progress(6th ed).J.B.Lippincott
・Rogers,B.L.,Knafl,K.A.(2000):Concept development in nursing,Foundations,techniques,and
applications(2nded).W.B.SaundersCompany
その他講義の中で適宜紹介する。

関連科目

各専門分野の特論、看護学研究方法論

授業時間外の学習(準備学習等について)

看護理論に関する基礎的な理解と、関心のある研究テーマに関連した概念について、概念分析した論文(和文・英文)を読んでおいてください。

授業の概要

 看護現象に関する理論開発の演繹的な方法である概念分析や関係性の記述文の分析・統合について理解するために、自分の研究テーマに関連した概念を選定し、概念分析をする。その概念を使用して科学的な理論またはモデルを構築する。また、開発したモデルを分析評価する。

授業計画

第1回 概念分析の進め方と、概念・命題・前提・理論・パラダイムについて 準備学習等 看護理論の構成要素
看護理論に関する基礎的な理解
第2回 概念分析(1)Walker&AvantまたはRogersによる方法 準備学習等 看護現象の記述
概念分析の方法の理解
第3回 概念分析(2) 準備学習等 概念分析の論文のクリティーク
第4回 概念分析(3) 準備学習等 自分の研究テーマに関連した概念を選定し、概念分析を行う。
第5回 関係性を示す記述文の分析・統合(1) 準備学習等 Walker & Avant :
看護における理論構築の方法Chapter6~8
第6回 関係性を示す記述文の分析・統合(2) 準備学習等 Walker & Avant :
看護における理論構築の方法Chapter9~11
第7回 関係性を示す記述文の分析・統合(3) 準備学習等 自己の研究テーマにおける科学的な理論またはモデルの構築
第8回 自己の研究テーマにおける科学的な理論またはモデルの分析評価 準備学習等 理論分析評価について

成績評価

授業目標(達成目標)の1~2の達成度で成績評価を行う。単位を取得するためには、

・ 概念分析の手法について概説ができること。
・ 自己の研究テーマに関連した概念分析ができること。
・ 演繹的な理論・モデルの構築の手法を理解できること。
・ 自己の研究テーマに関連したモデルを演繹的手法により構築し、そのモデルを評価すること。
上記の4点を達成することが求められる。成績を評価する手段として、出席状況、レポート等を総合して行う。