ドイツ語入門A(基礎)<D組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
ドイツ語入門A(基礎)<D組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)
Introductory German A
A320010004 2 1 前期授業 初修外国語(ドイツ語) FLGER1601-J2 月3 オンライン(中百舌鳥キャンパス) 紀之定 真理恵

オフィスアワー

この授業はオンラインで実施しますので、質問等お問い合わせは随時、シラバス内に提示したメールアドレスまでどうぞ。

授業目標

ドイツ語の理解に必須の知識を段階的に学びます。この科目では基本的知識を確実に習得することを第一の目標とし、とくに動詞と名詞のもっとも基本的な変化に慣れ、辞書をたよりにして、現在形の範囲で簡単なドイツ語を読み、理解し、書ける能力をやしないます。

教科書

上野成利・本田雅也『パノラマ 初級ドイツ語ゼミナール[三訂版]』 (白水社)

参考書

辞書が必要ですが、詳細は初回の授業時に連絡します。

関連科目

ドイツ語入門B(会話)

授業時間外の学習(準備学習等について)

学習した内容を復習するためにも、宿題には必ず取り組むようにしてください。
語学を学ぶうえでは、何が理解できていないのかを把握することが非常に重要です。
一つ一つ確実に習得して先に進むように心がけてください。
また、わからない単語は事前に辞書を引いて調べる習慣をつけましょう。

授業の概要

この授業はオンラインで実施します。(後期の授業形式は未定です)
オンデマンド型なので授業時間に取り組む必要はありませんが、課題の期日もあるので授業実施日のうちに確認するようにしてください。またGoogle Classroomを使って授業を行うので、Gmailアカウントを持っていない人は必ずアカウントを作成してください。詳細については「授業支援システム」の授業ページに掲載します。

ドイツ語の基礎文法についての講義ですが、日常でよく使うフレーズの紹介や発音練習をしながら、ドイツ語の語学力を総合的に習得するための訓練を行います。
授業はテキストに沿って進めていき、テキストの前半にあたる第7課まで学習することを目標にしています。
テキストの一課ごとに課題を実施し、学期末には前期の範囲全体の内容を問う試験を行います。

授業計画

第1回 文字と発音 アルファベットと挨拶表現 準備学習等
第2回 動詞の現在人称変化(1) 準備学習等 前回の復習
人称代名詞の一覧表を確認しておく
第3回 動詞の現在人称変化(2) 準備学習等 前回の復習
第4回 名詞と冠詞(1) 準備学習等 前回の復習
第5回 名詞と冠詞(2) 準備学習等 前回の復習
第6回 不規則変化動詞・命令形(1) 準備学習等 前回の復習
第7回 不規則変化動詞・命令形(2) 準備学習等 前回の復習
第8回 定冠詞類・不定冠詞類(1) 準備学習等 前回の復習
第9回 定冠詞類・不定冠詞類(2) 準備学習等 前回の復習
第10回 名詞の複数形・人称代名詞(1) 準備学習等 前回の復習
第11回 名詞の複数形・人称代名詞(2) 準備学習等 前回の復習
第12回 前置詞の格支配(1) 準備学習等 前回の復習
第13回 前置詞の格支配(2) 準備学習等 前回の復習
第14回 形容詞の格変化(1) 準備学習等 前回の復習
第15回 形容詞の格変化(2)と期末試験対策 準備学習等 前回の復習と理解できていないところを把握しておく

成績評価

授業目標の達成度で評価します。一課ごとの課題得点50%、期末試験50%の割合で総合的に判定しますが、教科書の練習問題A、B のレベルを理解することを合格の最低基準とします。

備考(実務経験の活用を含む)

週2回8単位コースを受講する学生のために開講します。ドイツ語入門B(会話)と同時に受講してください。ドイツ語を第1言語(母語)とする人はこの科目を受講できません。