ドイツ語入門A(基礎)<B組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
ドイツ語入門A(基礎)<B組>(現シス(全)・工学(全)・地域 教育福祉)
Introductory German A
A320010002 2 1 前期授業 外国語科目(初修外国語) FLGER1601-J2 水1 B3-201 谷口 栄一

オフィスアワー

水曜日:12時00分~12時40分
木曜日:12時20分~12時40分

授業目標

ドイツ語の基本的知識を確実に習得することを第一の目標とし、とくに動詞と名詞のもっとも基本的な変化に慣れ、辞書をたよりにして、現在形の範囲で簡単なドイツ語を読み、理解し、書ける能力をやしなうことがこの授業の目標です。

教科書

教科書は第1回目の授業で使用しますので、前日までに購入しておくこと。
西本美彦:改定版・ニューシステム14(CDつき)(同学社)
冨山芳正編:『郁文堂独和辞典・第二版』(郁文堂)

参考書

桜井和市:『ドイツ広文典』(第三書房)
橋本文夫:『詳解ドイツ大文典』(三修社)
相良守峯:『ドイツ文法』<岩波全書>(岩波書店)
常木実:標準ドイツ語(郁文堂)
高田博行:素朴なぎもんからわかるドイツ文法(郁文堂)
石川光庸:『効率よく覚えるドイツ重要単語2200』(白水社)
ドイツ語学文学振興会:独検過去問題集<5級・4級・3級>(郁文堂)

関連科目

ドイツ語入門B(会話)、ヨーロッパ事情、ゼミナール言語と文化(原書で読むドイツ文学)、ゼミナール文化・交流・歴史(原書で読むドイツ文化史)、ヨーロッパの文学、ヨーロッパ文化史、比較文化社会論

授業時間外の学習(準備学習等について)

★「ミニテストの勉強」+「授業中に指示する課題(教科書、プリント)」
★ 文法事項や単語・熟語を確実に覚えること。
1回の講義につき、標準的な学力の学生において、4時間程度の自宅学習を要する。

授業の概要

文法と読解と作文の授業です。担当教員自作の教材と市販教科書を併用して、初級文法の前半を講述します。変化表や文法規則をできるかぎり親しみやすく、覚えやすく、わかりやすく解説します。1つ1つの文法規則がドイツ語全体の中でどんな位置にあるのか、何の役に立っているのか、いかなる歴史的背景があるのか、そういう雑談も織りまぜながら、楽しく説明していきます。ただ、楽しいばかりではなく、きびしい授業でもあります。一方的な講義形式ではなく、毎回宿題(独文和訳、独作文、書き換え問題など)を出し、それを教室で発表してもらいます。また授業内容の理解度をチェックするため、頻繁に(ほぼ毎回)ミニテストを実施します。宿題とミニテストの勉強に要する授業時間外学習時間は、1回の授業あたり(集中力のある学生で)4時間。この4時間が確保できることがこの科目を受講するための条件です。半年間で修得してもらう単語は最低600語以上。具体的な授業の進め方や注意事項などは、第1回授業時に配付する「受講の手引き」を熟読してください。授業中にできなかった質問や発展学習のために、オフィスアワーやウェブ上の授業サイトも積極的に活用してください。

授業計画

第1回 オリエンティールング、アルファベート、発音 準備学習等 教科書は第1回までに購入のこと。(独和辞典は第2回までに購入すればよろしい。)
第2回 ★発音、数詞、規則動詞の現在人称変化(もっとも一般的なもの) 準備学習等 毎回ミニテストの勉強と和訳や練習問題が宿題になる。第2回までの範囲は、第1回授業で指示する。
第3回 ★規則動詞の現在人称変化(潤滑油型、ス・ツ型)、seinとhabenの人称変化、werdenの現在人称変化、定形第二位の法則 準備学習等 範囲は、第2回授業で指示する。
第4回 ★名詞の性・数・格、定冠詞の格変化(16通り)、不定冠詞の格変化(12通り)、名詞単数形の格変化(3タイプ) 準備学習等 第3回授業で指示する。
第5回 ★複数形の作り方、名詞複数形の格変化、人称代名詞の3格と4格 準備学習等 第4回授業で指示する。
第6回 ★不規則動詞の現在人称変化、命令法 準備学習等 第5回授業で指示する。
第7回 ★定冠詞類の格変化、不定冠詞類(所有冠詞、否定冠詞)の格変化 準備学習等 第6回授業で指示する。
第8回 ★話法の助動詞 準備学習等 第7回授業で指示する。
第9回 ★前置詞 準備学習等 第8回授業で指示する。
第10回 復習独作文<1> 準備学習等 第9回授業で指示する。
第11回 ★形容詞の用法、付加語形容詞の格変化(48通り)、形容詞の名詞化 準備学習等 第10回授業で指示する。
第12回 ★接続詞(等位接続詞、副詞的接続詞、従属接続詞)、副文の配語法 準備学習等 第11回授業で指示する。
第13回 ★動詞の3基本形、過去人称変化 準備学習等 第12回授業で指示する。
第14回 ★課題演習・進度調整 準備学習等 第13回授業で指示する。
第15回 復習独作文<2> 準備学習等 第14回授業で指示する。
第16回 期末試験を8月4日に実施する予定である。 準備学習等

成績評価

期末試験が50%、ミニテスト+演習態度点が50%。(授業に全部出席するのは当然のことであり、その程度のことを努力とは呼びません。授業をしっかり聴いて理解し、課題に意欲的に取り組み、授業目標が達成できていることをテストの答案で示せること、その部分が評価されます。)

備考(実務経験の活用を含む)

週2回8単位コースを受講する学生のために開講します。ドイツ語入門B(会話)と同時に受講してください。ドイツ語を第1言語(母語)とする人はこの科目を受講できません。