がん看護学演習IB

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
がん看護学演習IB
Seminar of Oncology Nursing IB
P621300001 2 1 前期集中 専門科目 NNNUR6529-J2 割外 羽曳野教室(仮) 田中 京子・他

オフィスアワー

田中教授:月曜日・木曜日12:00~13:00・A406研究室
林田准教授:水曜日・金曜日12:00~13:00・A509研究室
香川准教授:水曜日・金曜日12:00~13:00・B509研究室

授業目標

1.がん看護学特論で学んだ概念・理論を基盤として、がん患者に生じる疼痛をはじめとする様々な苦痛症状ならびに心理・社会・霊的苦痛・苦悩を緩和する方法を検討する。
2.がん患者と家族のアセスメントを包括的に行い、患者・家族の状態・状況に対応した質の高いケアを提供する。

教科書

配付資料による

参考書

クラスの中で適宜紹介する

関連科目

がん看護学特論

授業の概要

 がん患者に生じる様々な苦痛症状ならびに心理・社会・霊的苦痛・苦悩をアセスメントすると共に、それらの苦痛・苦悩を緩和する方法について検討し、緩和ケアの視点から患者・家族の状態・状況に対応した質の高いケアを探求する。また、コンサルテーション技法について理解を深める。

授業計画

1)2)患者・家族のアセスメント
3)告知を受けた患者・家族の苦悩と看護
4)がん医療における意思決定と看護
5)6)緩和ケアの実際
7)~9)がん患者が抱える様々な苦痛・苦悩への看護の実際
(1)(2)緩和ケアにおけるシミュレーション
(3)がん看護専門看護師の判断と行動(シミュレーションの振り返り)
10)11)がん看護コンサルテーションの実際(緩和ケアを中心に)
12)~17)緩和ケアが必要ながん患者が抱える苦痛・苦悩への援助1
18)19)緩和ケアが必要ながん患者の身体的援助の分析と評価
20)~24)緩和ケアが必要ながん患者が抱える苦痛・苦悩への援助2
25)26)緩和ケアが必要ながん患者の心理・社会・霊的問題への援助の分析・評価
27)28)緩和ケアが必要ながん患者の家族が抱える苦痛・苦悩への援助
29)30)緩和ケアが必要ながん患者の家族が抱える苦痛・苦悩への援助の分析・評価

成績評価

1.各自の課題達成状況
2.緩和ケア演習記録(患者プロフィール、関連図、看護計画、看護実践報告書など)
3.緩和ケア演習に対する取り組みの姿勢・態度