急性看護学演習IIA

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
急性看護学演習IIA
Seminar of Critical Conditions II A
P621140001 2 1 後期集中 専門科目 NNNUR6506-J2 割外 羽曳野教室(仮) 北村 愛子
大江 理英

オフィスアワー

木・金12:00~13:00 A404研究室

授業目標

本科目では、周手術期またはクリティカルな状態にある患者・家族に生じる看護問題を解決するために、関心ある研究テーマに関する文献検討を行ない、臨床での看護援助を演習することを目的とする

到達目標
 1)周手術期またはクリティカルな状態にある患者・家族に生じる看護問題を解決するための高度な知識に基づいた看
   護判断、看護技術を習得できる。
 2)急性期看護における看護師の役割を考察し研究への課題を述べることができる

教科書

特に指定しない。

参考書

演習の中で適宜紹介する。

関連科目

急性看護学特論、急性看護学援助特論、急性看護学演習IA

授業時間外の学習(準備学習等について)

周手術期または、クリティカルな状況にある患者・家族に生じる看護問題を解決するための高度な知識に基づいた看護判断、看護技術を習得するため、臨床での演習前の準備もしておく。また、自分の関心のあるテーマを考えるための自己学習をし、文献検索については授業時間以外にも準備をする。文献検討と演習レポートをプレゼンテーションするための資料作成を行う。
関心のある研究テーマを課題に臨床において

授業の概要

周手術期またはクリティカルな状態にある患者・家族に生じる看護問題を解決するために、関心ある研究テーマに関する文献検討を行ない、臨床での看護援助を演習する。
演習後に周手術期またはクリティカル状況にある患者・家族に実践した援助の分析・評価を行い、必要な援助と看護師の役割を考察する。

授業計画

第31回 到達目標の1)2)について以下の達成度で成績評価を行う。
合格するためには、各講義で取り上げる概念について説明ができ、看護が追及できる。
1)講義ごとの基本的な概念について、自分で記述している内容はすべて説明できる
2)プレゼンテーション後の質疑応答に対応できる
3)クラス参加時に参加者の中で意見交換ができる
準備学習等

授業日時と担当授業内容
1-5関心ある研究テーマに関する文献検討
6-20研究テーマに関連のある周手術期またはクリティカル状況にある患者・家族の
臨床での看護援助研究テーマについて追究しようとする看護判断と技術内容について計画を立てて情報収集し分析する
21-25周手術期またはクリティカル状況にある患者・家族に実践した援助の分析・評価
26-30研究テーマに関連のある周手術期またはクリティカル状況にある患者・家族に
必要な援助と看護師の役割

成績評価

演習参加度、ケースレポートを総合して評価する。関心テーマに沿った文献検討ができていることの評価を30%、演習した看護援助の内容、分析・評価と考察についての指導により修正されたレポート評価を50%、演習参加におけるプレゼンテーションと質疑応答評価を20%の割で評価し、全体の総合評価をする。