身のまわりの幾何<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
身のまわりの幾何<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010017 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 水1 B2-102 城崎 学

オフィスアワー

最初の講義時に連絡

授業目標

「身のまわりの幾何」
自然界や人間の創り出す様々なものにおいて、いろいろな図形が現れている。まず、それら図形を見出すことから出発し、そしてなぜそれら図形が現れているかについて考える。

授業目標
1.テーマとなるにふさわしい図形を見出せる。
2.テーマとした図形について、情報収集ができる。
3.収集した情報についてまとめ、自らの考えで発展させる。
4.まとめあげた事柄を発表できる。
5.受講生間において討論できる。
6.発表・討論等も加味して、レポートを書ける。

教科書

特に指定しない。

参考書

適宜指示する。

授業時間外の学習(準備学習等について)

インターネットや図書館等の資料により、情報収集を行い、まとめ上げる。
尚、テーマ探索を屋外等で行う場合は、自身の身の安全の確保はもとより、法令や秩序の順守を心掛けること。

授業の概要

特に、次の3種類に絞って図形を考える。
A.人工的につくられた美的図形
B. 人工的につくられた機能的図形
C. 自然界における図形
これらそれぞれについていくつかテーマを考え、さらにほかの人との兼ね合いにより問題とするテーマを設定し、それについて情報を集めて発表する。

授業計画

第1回 ガイダンス
図書館ツアー(9:45~10:30)
(予備内容:“レポートの書き方”について)
準備学習等 大学から配付の“アカデミック・ライティング入門 レポートの書き方”を持ってきてください。
第2回 テーマの設定
“レポートの書き方”について
(図書館ツアー(9:45~10:30)予備日)
準備学習等 大学から配付の“アカデミック・ライティング入門 レポートの書き方”を持ってきてください。
第3回 テーマの設定 準備学習等
第4回 テーマに関して得られた情報・知識の発表 準備学習等
第5回 テーマに関して得られた情報・知識の発表 準備学習等
第6回 テーマに関して得られた情報・知識の発表 準備学習等
第7回 テーマに関して得られた情報・知識の発表 準備学習等
第8回 レポート評価・指導 準備学習等
第9回 テーマの設定 準備学習等
第10回 テーマに関して得られた情報・知識の発表 準備学習等
第11回 テーマに関して得られた情報・知識の発表 準備学習等
第12回 テーマに関して得られた情報・知識の発表 準備学習等
第13回 テーマに関して得られた情報・知識の発表 準備学習等
第14回 レポート指導 準備学習等
第15回 レポート指導・提出 準備学習等

成績評価

授業目標の1~6の達成度で成績評価を行う。合格(C)となるためには、1,2,4,6のそれぞれで基本的な能力を示すことが必要である。
授業への積極的な参加 30%、発表30%、レポート40%で評価する。