看護政策学

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
看護政策学
Public Administration in Nursing Policy
P620150001 1 1 後期集中 専門科目 NNNUR5104-J1 割外 羽曳野教室(仮) 矢野 正子
伊勢田 暁子

授業目標

21世紀の保健・医療・看護・福祉について、ヘルスケアに関する政策と政策決定に関与する要因および構造を検討する。さらに、政策決定過程と、政策そのものの内容を分析することにより、看護の質向上のためにより広く新しい視点を養い、政策的な働きかけによる現実的な課題解決能力を養う。また、米国、英国、アジア諸国など他の国々の看護制度の現在までの経緯を理解し、看護政策への関心を高める。

参考書

1)「令和元年/2年度看護関係統計資料集」、日本看護協会出版会、2021.4月末日発行予定
2)「保健師助産師看護師法60年史」、日本看護協会出版会、2009 
3)看護六法、令和3年版、新日本法規 2021.3月中旬発行予定
4)訪問看護のあゆみ 日本訪問看護財団 2015
5)日本の看護のあゆみ—歴史をつくるあなたへ-日本看護歴史学会編2014(第2版)
6)Carolyn Buppert(2012). Nurse practitioner's business practice and legal guide. 4th ed. Johns & Bartlett Learning, LLC.

授業時間外の学習(準備学習等について)

国内外のヘルスケアに関連する動きー国内では最近、働き方改革・タスクシフティング・需給・基礎教育など看護に関連する検討会・検討会報告書などの動きーに留意し情報内容を確認し、その対応・対策に関心を向けること。

授業の概要

1)看護職の実態、看護職員確保対策、少子高齢社会

2)看護行政の実際、看護政策の策定

3)令和3年度看護関係予算、厚生労働行政、etc

4)看護教育、看護制度などに関する各国比較

5)国際医療看護協力

授業計画

第1回 臨床(2+13年)と看護行政(9年)の経験から 準備学習等 1961~1962,1971~1984、1984~1993
第2回 看護職の実態(統計資料からの把握) 準備学習等 職種別・勤務場所別、各国比較
第3回 令和3年度予算(厚生労働行政、看護行政関係) 準備学習等 地域医療構想、地域包括ケアシステム
第4回 主要な法律(保助看法,人材確保法,基本指針など) 準備学習等 身分法, 業務法、各国の法律の例
第5回 看護職員確保対策について 準備学習等 現在迄と今後の需給対策、2025問題
第6回 看護政策の策定例(看護制度検討会報告1987以降~) 準備学習等 大学増、訪問看護制度、専門看護師
第7回 看護制度各国比較、特に米国のNP制度について 準備学習等 各国の例(米国、英国、タイ、日)
第8回 国際看護協力の経緯 その他 準備学習等 PHC,HFA,,SDGs, ODA, EPA