土木技術入門<初年次ゼミナール>

科目名
Course Title
授業コード 単位数 配当年次 開講期間
Term
科目分類 ナンバリング
コード
曜日
コマ
教室 担当教員氏名
Instructor
土木技術入門<初年次ゼミナール>
First Year Seminar
A110010015 2 1 前期授業 初年次ゼミナール FLCFE1101-J2 水3 B4-E326 石原 正行

オフィスアワー

授業日(水曜日)の16:15-16:45

授業目標

(1) 多様な視点を積極的に取り入れ活用できるようにする。
(2) 知識・情報の収集が積極的にできるようにする。
(3) 収集した知識・情報を活用して考えることができるようにする。
(4) 得た情報や自分の考えを表現・発表できるようにする。
(5) 自分の考えを自分で再検討できるようにする。

教科書

特に指定しない。

参考書

特に指定しない。

関連科目

なし

授業時間外の学習(準備学習等について)

授業内で課題(情報収集・プレゼンテーション準備・レポート作成等)を適宜決定し、授業時間外で準備してもらいます。ほぼ毎回何らかの課題を与えるので覚悟を持って受講すること。

授業の概要

土木技術に関する情報収集や簡易実験を行う。それらについて考えをまとめ、発表し、受講者間の討論を行い、他者の視点を取り入れることで自分の考えを再検討し、発表内容の改善をはかる。

授業計画

1. 授業概要説明/自己紹介資料作成/図書館ツアー
2. 自己紹介(1人3分)と質疑応答
3. 土木技術に関する映像資料を視聴し、個人レポートを執筆する。
4. 前回の個人レポートを受講者間相互で発表・評価する。
5. トラス模型を用いた簡易実験を行う。
6. 班ごとに簡易実験のデータを整理してディスカッションをする。
7. 班ごとに簡易実験に関するプレゼンテーションの準備をする(その1)。
8. 班ごとに簡易実験に関するプレゼンテーションの準備をする(その2)。
9. 簡易実験のプレゼンテーションを行い、受講者間相互で評価する。
10. パスタ塔の制作(その1)
11. パスタ塔の制作(その2)
12. パスタ塔の制作(その3)
13. パスタ塔に関するプレゼンテーションの準備を行う(その1)。
14. プレゼンテーションを行い、受講者間相互で評価する(その1)。
15. プレゼンテーションを行い、受講者間相互で評価する(その2)。

成績評価

授業目標(1)~(5)の達成度について、個人のレポート・プレゼンテーションの評価割合は約40%、個人のグループワークやディスカッションへの主体的な参加度の評価割合は約30%、そしてグループのプレゼンテーションの評価割合は約30%です。総合60点以上(満点100点)を合格とします。